iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行 支笏湖温泉『休暇村支笏湖』夕食&朝食編

夕食です!

宿食続きなので、少し控えめにと思い、スタンダードプランにしました。

ただ、ちょっと控えめすぎたかな。。

 

スタンダードの「みずうみコース」

f:id:iyotabi:20180516163200j:plain

中央が先付けの「湯葉の磯和え」と「ツブわさび」

このツブわさびが一番美味しかった。

 

鍋物

f:id:iyotabi:20180516163559j:plain

カニ鍋」

 

造り

f:id:iyotabi:20180516163828j:plain

鮪、サーモン、烏賊。

美味しくなかった。。

 

同行者は、ワサビが不味くてびっくりしてました。

一般的なチューブわさびより美味しくないと。

どんなに不味い刺身でも、ワサビがあれば誤魔化せるのに!と悲しんでました。

 

蒸し物

f:id:iyotabi:20180516164238j:plain

帆立茶碗蒸し。

 

焼き物

f:id:iyotabi:20180516164313j:plain

鮭のちゃんちゃん焼き。

他、ご飯、汁物、漬物、デザートはセルフで自由に取れます。

 

デザート

f:id:iyotabi:20180516164342j:plain

 

たくさん食べる方ではない私でも、足りませんでした。

同行者は白ごはんを大量に食べてました。

 

続けて、朝食のことも。写真がないのでさらっと。

ビュッフェ形式で、種類はそんなに多くないですが、一般的な卵とか鮭とかはあります。北海道の秋なのに、焼き鮭が美味しくなくてちょっとショック。

  

今回のプランは、

「スタンダードみずうみプラン」、洋室ツインルームで祝前日泊、2名1室、

1人11,300円。

 

前後の宿の料金と比べてリーズナブルなので、食事のハードル低めで!と思ってたつもりですが、それでも量も質もちょっと残念に感じました。

 

宿自体のネットの評判は悪くなかったので、皆さんそもそもスタンダードコースは頼まないのかもしれません。

量に関しては、宿泊客はご年配の方が多く(平均年齢60歳超えてる感じ)、年配の方に合わせてるのかも。

 

あんまり食事に興味ないです、って方以外はグレードアップコースとか別の食事プランを検討してもいいかと。

辛口でごめんなさい!あくまで個人の感想です!

 

『休暇村支笏湖』の素晴らしかった所は、スタッフの方がしっかりしてること。

大手だけあって教育をちゃんとされているのか、電話応対からフロント、送迎の方まで、気持ち良い対応をして頂けました。

 

ありがとうございました!

2017年秋北海道旅行 支笏湖温泉『休暇村支笏湖』お部屋&お風呂編

帯広から、電車・バスを経て、

3泊目は支笏湖温泉『休暇村支笏湖』へ!

お宿続きなので、お値段抑え目の所で財布と胃腸を休めます。

 

お値段以外に、休暇村を選んだ理由として、

昔、日光湯元の休暇村に行ったことがあるのですが、ご飯がすごく美味しくて、休暇村って悪くないかも!と。

なので、今回宿を選ぶ時に、安くても良い宿の期待を込めて休暇村へ。

 

今回のプランは、

「スタンダードみずうみプラン」、洋室ツインルームで祝前日泊、2名1室、

1人11,300円でした。

事前に電話で質問した際、スタッフの方の丁寧な対応で宿への期待も高まります。

とはいえ、前後の宿との値段帯はかなり違うので、ハードルは低めに。

 

泊まった部屋は、洋室ツインルーム

f:id:iyotabi:20180824142224j:plain

他の部屋プランとして、和洋室や和室もあります。

 

昔懐かしの地方ビジネスホテルの雰囲気。

f:id:iyotabi:20180824142258j:plain

 

クローゼット

f:id:iyotabi:20180824142732j:plain

浴衣、バスタオルなど。

 

お茶菓子はバタークッキー。

f:id:iyotabi:20180824142328j:plain

 

洗面所

f:id:iyotabi:20180824142534j:plain

写真左側のドアが玄関、正面がトイレ。

 

懐かしのアメニティ!

f:id:iyotabi:20180824142657j:plain

手洗い・洗顔兼用のソープもあり。

 

歯磨きとフェイスタオル。

f:id:iyotabi:20180824142506j:plain

 

お部屋で困ったこととして、スーツケースを置く台がない。

土足のお部屋なので、地べたに置くのも少し抵抗が。。

なので、スーツケースで気になる方は和室か、自分で台をご持参を!

 

お風呂は大浴場があります。内湯が一つ。

時間帯にもよりますが、夕方行くと少し混雑してました。

年配の方が多いからか、浴室からはおばあちゃんの臭いが。

掛け流しではないですが、独特のとろみのある泉質です。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』朝食編

さて朝食。

f:id:iyotabi:20180822192611j:plain

夕食と同じ食事処、同じ席にて。

 

朝食は、和食と洋食があります。

f:id:iyotabi:20180822192715j:plain

夕食時にどっちがいいか聞かれます。

メニューがあるので、決めやすくて助かる。

同行者と洋食・和食一つずつ頼みました。

 

 これは和洋共に持ってきてくれたドリンク。。だったか。。。

f:id:iyotabi:20180824081709j:plain

 

まずは、洋食から。

f:id:iyotabi:20180824082525j:plain

反対側から撮ったので写真の向き逆です。

「十勝産コーンと風景の牛乳を使ったコーンスープ」

鹿追町 草原の風のウインナーとベーコン」

「野菜サラダ」

卵料理は、「スクランブルエッグ」「目玉焼き」「オムレツ」から選択。 

 

f:id:iyotabi:20180824082619j:plain

「第一ホテルの自家製パン」

自家製だけあってサクサクでもっちり。

洋食はパンが美味しいとテンションあがる。

バター、ブルーベリージャム、ラズベリー&グレープフルーツミックスジャムと共に。

 

続いて和食。

f:id:iyotabi:20180824081901j:plain

「小鉢三種盛り」 

 

f:id:iyotabi:20180824081943j:plain 

f:id:iyotabi:20180824082818j:plain

「音更産大袖振湯葉豆腐の豆腐」

 

f:id:iyotabi:20180824082738j:plain

「ときしらずの酒粕味噌漬け」

卵料理は「目玉焼き」か「卵焼き」

「あさりの味噌汁」

「香の物」

「北海道上富良野産 おぼろづき 白飯又はおかゆ

 

あとは、セルフで。 

f:id:iyotabi:20180824082020j:plain

各種飲み物。

 

f:id:iyotabi:20180824082111j:plain

サラダ 

 

f:id:iyotabi:20180824082248j:plain

温泉卵 

 

f:id:iyotabi:20180824082317j:plain

フルーツ

 

f:id:iyotabi:20180824082353j:plain

ヨーグルト 

 

このミニビュッフェ、自分で調節できていいのですが、

食事処が広くないので、取りに行く時に他のお客さんの席の後ろを通らねばならず。。

私たちは窓際だったので大丈夫でしたが、ビュッフェ台近くのお客さんだとちょっと落ち着けないかも。。。

 

締めの飲み物。

f:id:iyotabi:20180824082940j:plain

コーヒー、紅茶、ブレンドハーブティーから選べます。

 

非常に満足度の高いお宿だと思います。

食事、温泉、お部屋、接客と、どれも質が高く。

チェックインからアウトまで気持ちよく過ごせました。

人気が出るのも当然のクオリティ。

特に、地元食材を多用して素材の味を丁寧に活かした料理と、部屋で楽しめる特徴ある泉質の温泉を両立しているのはすごいです。

 

利用したプランは、公式サイトより、 

「【スタンダードプラン】モール温泉付き客室と四季の創作和食懐石」

山側の洋室、温泉ひのき風呂付で2名1室、1名31,320円(税・サービス料込)。

 

お値段はお高めですが、それ以上の価値があります。

北海道旅行するなら、早めの予約で是非泊まって欲しい宿です。

 

ありがとうございました!

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』施設編

ロビーにあるバーカウンター「道草」

f:id:iyotabi:20180516162431j:plain

f:id:iyotabi:20180421143719j:plain

f:id:iyotabi:20180421143817j:plain

昼はフリーのドリンクが用意されてます。

 夜にはバーに。

 

 ロビーの一角にあるライブラリー。

f:id:iyotabi:20180421143939j:plain

 

ショップ

f:id:iyotabi:20180421143910j:plain

 

 

館内で、『十勝川温泉第一ホテル』と繋がってます。

f:id:iyotabi:20180421144436j:plain

ぶれぶれで申し訳ないのですが、

連絡通路の入り口に、第一ホテルのお風呂で使う用のカゴ。

 

f:id:iyotabi:20180421144028j:plain

f:id:iyotabi:20180421144149j:plain

『第一ホテル』さんは100室越えの大宿。

大浴場も広いみたいなので、湯めぐり好きの人は楽しいかも。

パン工房があったり、ラーメン屋さんがあったり、小腹が空いた時にも便利。

 

『三余庵』さんにも、大浴場がありますが、今回は利用せずでした。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』夕食編

素晴らしかった夕食編!

f:id:iyotabi:20180520143129j:plain

フロント隣のレストランで頂きました。

個室の食事処ではないですが、部屋数が少ないので騒がしくは感じず。 

 

 

先付け

f:id:iyotabi:20180520150246j:plain

胡瓜、ズワイ蟹翁巻きキャビアのせ、茄子、ズッキーニ、スナップエンドウ

左端のピンクも確かズッキーニだった、はず。

 

前菜

f:id:iyotabi:20180520150345j:plain

「卵豆腐ゼリー」

「秋刀魚一夜干し」

「酢取り茗荷」

 「自家製チーズ二種」

「銀杏松葉」

「カラートマトワイン漬け」

「蟹寿司」

(元々は蕎麦寿司でしたが、蕎麦NGなので変更して下さいました。

こちらの都合で変更なのに、蟹になるのは嬉しい。)

 

お椀

f:id:iyotabi:20180520150450j:plain

「萩真丈 浅利と帆立のスープ 帆立焼き〆」 

出汁美味しい。 

 

御造り

f:id:iyotabi:20180520150535j:plain

「本鮪、牡丹海老、大助がっこ博多、白身昆布〆」

新鮮でぷりぷりトロトロ。

 

醤油かお塩で。 

f:id:iyotabi:20180520150625j:plain

 

焼き物

f:id:iyotabi:20180520150736j:plain

「十勝和牛炭火焼き 黒ニンニクソース」

文句なしに美味しい。

 

口休め

f:id:iyotabi:20180520150849j:plain

 

シャーベット 

f:id:iyotabi:20180520150921j:plain

 

 

温菜

f:id:iyotabi:20180520150951j:plain 

f:id:iyotabi:20180520151027j:plain

 「鮑薯蕷蒸し」

出汁が美味しくて、あっという間に食べてしまう。

 

進肴

f:id:iyotabi:20180520151148j:plain

「キンキ ズッキーニ 蕪のスープ煮」 

 

酢の物

f:id:iyotabi:20180520151232j:plain

「水菜と北寄の香味和え」 

 

お食事

f:id:iyotabi:20180520151303j:plain

f:id:iyotabi:20180520151343j:plain

「枝豆ご飯」

「赤出汁」

食べるラー油

 

水菓子 

f:id:iyotabi:20180520151426j:plain

「メロン餡蜜  アイスクリーム

モッツァレラチーズ 桃寒天 黒蜜寒天

十勝産豆の餡 果物添え」

 

品数は多いですが、味の濃さや量がちょうど良く、最後まで美味しく頂けました。

美味しい素材を手間かけて更に美味しく。スタッフさんも皆、感じの良い方ばかり。

 

お宿の前評判が高かったので、期待が大きかったのですが、

期待を裏切らない、幸せな時間でした。

 

 

お夜食にと

f:id:iyotabi:20180520151516j:plain

 

f:id:iyotabi:20180520151542j:plain

 お稲荷さんまで。

 

 食後に少しだけバーへ。

f:id:iyotabi:20180808165815j:plain

バーのスタッフさんは、夕食の給仕も担当されている方で、

適度な距離感&話上手で居心地良かったです。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』お部屋編

2泊目の宿に行く前に、観光の写真を少しだけ。

『ラビスタ阿寒川』を出発し、釧路湿原の細岡展望台へ。  

f:id:iyotabi:20180417191022j:plain

f:id:iyotabi:20180417190917j:plain

釧路湿原に展望台はいくつかありますが、

「細岡展望台」は、蛇行した釧路川を眺めることができるのが、最大のポイント! 

 

では、レンタカーを返し、釧路駅から列車で帯広を目指します。

帯広駅からは、宿までバスで30分ほど。

宿泊者はバス代の無料チケットが帯広駅のバスターミナルでもらえるのですが、

電車とバスの接続がぎりぎりで、その余裕はなく。。

帰りのチケットは宿でもらえました。

 バス亭からは、徒歩2分程で『三余庵』さんに到着です。

 

『三余庵』さんはすっごく!すごく評判の良いお宿。

北海道に行くと決めた段階で、絶対泊まりたい宿でした。 

 

利用したプランは、公式サイトより、 

「【スタンダードプラン】モール温泉付き客室と四季の創作和食懐石」

山側の洋室、温泉ひのき風呂付で2名1室、1名31,320円(税・サービス料込)。

山側なので、他の部屋よりお安め。

 

早速チェックイン。

f:id:iyotabi:20180420002554j:plain

ロビーにて。

 

おしぼりとホットのハーブティーだったかな。

f:id:iyotabi:20180420001039j:plain

 

ゆっくりしている間に、ウェルカムスイーツ。

f:id:iyotabi:20180420001112j:plain

リンゴのコンポート、カスタードクリーム載せ。

お茶も添えて。2種の飲み物を時間差で出す丁寧さ。

 

では、部屋へ。

f:id:iyotabi:20180420190900j:plain

客室は2階と3階に11室あります。 

 

泊まったのは、253号室「雪国」

f:id:iyotabi:20180421144932j:plain

f:id:iyotabi:20180420185009j:plain

玄関から見て。

 

 

入り口左手の飲み物コーナー

f:id:iyotabi:20180420185125j:plain

無料のミネラルウォーターが用意されてます。

 

ライティングデスク。

f:id:iyotabi:20180420185047j:plain

 

机の上にアロマポット。

f:id:iyotabi:20180420190729j:plain

部屋に置かれたアロマオイル以外に、廊下には別のオイルも用意されてました。

 

 引き出しには、部屋の名前「雪国」の小説が。

f:id:iyotabi:20180420190832j:plain

 

リビング

f:id:iyotabi:20180420185205j:plain

 

机の上のお菓子。

f:id:iyotabi:20180420191423j:plain

 

昆布。

f:id:iyotabi:20180420191457j:plain

 

ベッドルーム。

f:id:iyotabi:20180420185234j:plain

 

ベッドルームのクローゼット。

f:id:iyotabi:20180420190553j:plain

浴衣。

 

そして、作務衣。

f:id:iyotabi:20180420190700j:plain

館内着と寝る服が変えられるので、2種類あるのは嬉しい。

 

使い捨ての部屋用スリッパ。

f:id:iyotabi:20180420190624j:plain

使い捨てでもちゃんとしたやつです! 

 

部屋を引きで見ると。

f:id:iyotabi:20180420190447j:plain

 

洗面所。

f:id:iyotabi:20180420185340j:plain

インシンク

 

 アメニティ。

f:id:iyotabi:20180420190112j:plain

 

スキンケア用品

f:id:iyotabi:20180420185423j:plain

宿で初めて見た!ナチュラルサイエンスのママ&キッズ。

妊婦さんや赤ちゃん向けのブランドなので、敏感肌でも使いやすい。

 

男性向けにPOLAの「GACHI」

f:id:iyotabi:20180420190002j:plain

 

タオル類。

f:id:iyotabi:20180420190202j:plain

オーガニックコットン

スキンケア用品とか、部屋のアイテムにこだわりが感じられます。 

 

お風呂。

f:id:iyotabi:20180420190238j:plain

ひのき風呂です。

掛け流しですが、源泉の温度は高めなので適宜水を混ぜて。

泉質は、全国でも珍しい「モール泉」。

独特の茶褐色と柔らかみのある素敵なお湯でした。

保湿成分が多く含まれていて、何度もお風呂に入りましたが、肌荒れせずでした。

このお風呂が、部屋にあるって贅沢!

 

f:id:iyotabi:20180420190349j:plain

 

ヘアケア用品。 

f:id:iyotabi:20180420190317j:plain

 

トイレ。

f:id:iyotabi:20180420185307j:plain

広い。

「雪国」はお風呂以外段差の少ないお部屋、とHPに記載されていたので、

バリアフリーを意識されているのかも。

 

温かみがあってとても居心地の良い部屋でした。

素敵な温泉を独り占めできるお風呂は本当に最高。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』朝食編

最後に朝食!

夕食と同じ食事処にて。

f:id:iyotabi:20180416144623j:plain

食事処は場所によって、阿寒川を見ることができるらしいですが、

あいにく夕食・朝食共に奥で見えず、、でした。

 

 

朝食は、洋食・和食から選べます。

たしか、前日の夕食時に聞かれたはず。

私は洋食、同行者は和食でお願いしました。

 

まずは、洋食から。

f:id:iyotabi:20180416145512j:plain

f:id:iyotabi:20180416144746j:plain

手前のプレート

左から、

「蟹とアボカドのチーズ和え」「ラタトューイユ」

「鰈のブランダード」「サーモンマリネ」

ブランダードは、たらをペースト状にした、フランス料理みたいですね。

 

中央右が、「北見産 玉葱スープ」

簡易なオニオングラタンスープ。

 

奥左が、「ヨーグルト」

のし梅のせ。のし梅は山形のお菓子で、梅を寒天に練りこんだものだとか。

 

奥右が、名物「ラーメンサラダ」

胡麻ドレッシングがかかってます。

味として、不味い訳はないのですが、なぜ宿の名物なのかちょっと不思議。

 

卵料理

f:id:iyotabi:20180416151016j:plain

「スパニッシュオムレツ」「ベーコン」

「ウインナー」「ザワークラフト」

 

煮込み

f:id:iyotabi:20180416145126j:plain

ビーフシチュー」

朝から重い!けど美味しい。

 

主食はパンかグラノーラから選べます。

f:id:iyotabi:20180416144827j:plain

パンは余ったら持ち帰れるようにと、ビニール袋も頂きました。

 

続いて、和食。

f:id:iyotabi:20180416145418j:plain

f:id:iyotabi:20180416144923j:plain

手前が北の三種

「道産大豆の含め煮」「灯台つぶ酢味噌和え」「たらこ」

 

中央の蓋被っているのが、「肉じゃが」

隣の小鉢が、「切り干し大根」と「めかぶ」

 

奥の真ん中が、

「柳葉魚(ししゃも)」「油鰈味醂漬け」

「卵焼き」「山海漬け」「焼板かまぼこ」

 

名物の「ラーメンサラダ」、「ヨーグルト」は、和洋どちらにもあります。

 

選べるご飯の友

f:id:iyotabi:20180416145028j:plain

これは、「黒豆納豆」

他に、焼き海苔、温泉卵、鰊の切込みの選択肢があります。

 

味噌汁

f:id:iyotabi:20180416145202j:plain

1人分ですが、たぷたぷとした鍋で登場します。

 

食事は白米でお願いしたのですが、

f:id:iyotabi:20180416145303j:plain

茶粥も少し持ってきて下さいました。

お米は北海道の「ゆめぴりか」です。

 

飲み物はセルフ。

f:id:iyotabi:20180416144659j:plain

牛乳、ジュース、コーヒー、お茶、水。

 

使用したプランは、じゃらん経由で、

「【直前割】急なご旅行でも大丈夫☆残りわずか早い者勝ち♪1泊2食付」

川側 ツインAで、平日1人20,300円(税込)でした。

 

2015年にオープンした新しいお宿であり、施設も非常に綺麗です。

何より、部屋に掛け流しのお風呂があること、そこから眺める景色は、それだけでこの宿に泊まった価値がありました。

ただ、平日ぎりぎり2万円台なので、欲を言えば、食事がもう少し技巧的と言うか、繊細なものや手間暇かかっているものがあれば、満足度が違ったと思います。

f:id:iyotabi:20180416153142j:plain

 

ありがごうございました!