iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行 登別温泉 『望楼NOGUCHI登別』夕食編 

書けるうちに書いておこう。

『望楼NOGUCHI登別』夕食編。

 

 個室食事処JIBIEで頂きました。

f:id:iyotabi:20190703022249j:plain

食事時間はチェックインの時に選べるのですが、

団体さんがいるからと、かなり遅い時間帯一択でした。

 

ピンボケ写真で失礼。

f:id:iyotabi:20190630233336j:plain

膝掛けあるものの、ちょっと寒かった。

 

先付

f:id:iyotabi:20190630233913j:plain

「北海道産舞茸のクリーム寄せ」

 

前菜

f:id:iyotabi:20190630234438j:plain

「大滝産しめじと栗の白和え」

「北海道産秋刀魚の幽庵焼き」

「早来産生ハムと茄子の白ワイン漬け」 

「伊達産フルーツホウズキ」

「函館産蕪と増毛産甘エビの南米風マリネ」

「焼き林檎のスモークサーモン巻き」

 

f:id:iyotabi:20190630234627j:plain

「北海道産イクラと菊のお浸し」 

 

煮物椀

f:id:iyotabi:20190702165117j:plain

「北海道産野菜と鶏つみれの沢煮椀」

 

f:id:iyotabi:20190702165326j:plain

f:id:iyotabi:20190702165405j:plain

目の前で出汁を入れてもらえます。

熱々でどうぞの意味なのか。

 

造里

「海峡産鮪」

噴火湾産ブリ」

噴火湾産松皮鰈」

「苫小牧産帆立」

紋別産ボタン海老」

写真見当たらず。

 

料理長からの一品

f:id:iyotabi:20190702170539j:plain

「じゃがバター」

同行者は今までで一番美味しいじゃがバターと感激。

美味しいんですが、じゃがいもががっつり入っていて、お味もこってりなので

お腹に重い。

会席料理には向いてないかも。

 

中皿

f:id:iyotabi:20190702170809j:plain

「白老産ドナルドサーモン、北海道産アイナメ、厚岸産あさりの蒸し物」

 

強肴 

f:id:iyotabi:20190702170910j:plain

「登別牛ヒレ肉のポワレと十勝産長芋の和風グラチネ」

 

酢の物

f:id:iyotabi:20190703020210j:plain

鵡川産ししゃもと函館産もずくのマリネ」

 

食事

f:id:iyotabi:20190703020252j:plain

土鍋ご飯。 

 

f:id:iyotabi:20190703020938j:plain

「北海道産ブランド米ゆめぴりか 釜炊き」

「網走産蜆 赤出汁」

「自家製胡瓜の焼酎漬け」

「函館産赤カブの千枚漬け」

「大滝産長芋アロニア漬け」

「藤崎山葵園産山葵昆布」

「大滝産きのこのたまり漬け」

 

デザート

f:id:iyotabi:20190703021102j:plain

「かぼちゃパイ」

余市産ワインアイス」

「カスタードとメレンゲのクリーム」

「木苺のイタリアンケーキ」

アメリカンな感じのラインナップ。

食後のデザート盛り合わせとしてはちょっと重い。

 

○○産って産地がちゃんと書いてあるとありがたみが増します。

凝った料理ではなく、素材を生かしてという感じでした。

時間が経ちすぎて、じゃがバタ以外の個々の料理の記憶は曖昧ですが、

大きな不満もなく値段相応の印象でした。

2017年秋北海道旅行 登別温泉 『望楼NOGUCHI登別』お部屋編

前回記事からだいぶ時間が空いてしまいました!

そろそろちゃんと書いて行きたい。

2年前の話なので記憶が朧・現状との乖離があるかもです。

 

『望楼NOGUCHI登別』のお部屋は、お値段順に、

・エグゼクティブスイート

・ラグジュアリースイート

・スイート

・ジュニアスイート

の4段階に分かれてます。

全部屋に温泉の展望風呂付き。

 

今回のお部屋は、下から2番目のスイート。

70㎡の広々したお部屋です。

f:id:iyotabi:20181021133059j:plain

1つの部屋にリビングスペースとベッドスペース。

 

リビング側。

f:id:iyotabi:20181021133135j:plain

 

机の上にお菓子。

f:id:iyotabi:20181021180855j:plain

宿オリジナルきんつばとグループ会社のクッキー。

 

ベッド側。

f:id:iyotabi:20181021133223j:plain

なぜかベッドの上にやたら枕が。

1人5個ありました。 

 

ベッドサイドにテレビ。

f:id:iyotabi:20181021133533j:plain

 

ベッド側から見ると。

f:id:iyotabi:20181021133338j:plain

 こんな感じ。

 

飲み物関連。

f:id:iyotabi:20181021133615j:plain 

 

暖かい飲みもの達。

f:id:iyotabi:20181021181106j:plain

コーヒーは豆で、その場で挽けます。

 

冷蔵庫はフリー。

f:id:iyotabi:20181021181135j:plain

ありがたかったのが、アルコールをソフトドリンクに変更できたこと。

ビールを1つ、オレンジジュースにしてもらいました。 

 

タンスの中。

f:id:iyotabi:20181021133448j:plain

浴衣と作務衣と寝巻き。

万全の着替え体制。

 

クローゼット

f:id:iyotabi:20181021133409j:plain

羽織。

北海道にしては薄手でした。

 

洗面所

f:id:iyotabi:20181021133705j:plain

広々です。

もうちょっと洗面のボウルも大きいと使いやすいかな。 

 

スキンケア

f:id:iyotabi:20181021133738j:plain

奥の女性用は資生堂

 

アメニティあれこれ。

f:id:iyotabi:20181021180755j:plain

 

バスタオル、バスローブ

f:id:iyotabi:20181021181003j:plain

f:id:iyotabi:20181021181029j:plain

 

お風呂

f:id:iyotabi:20181021181310j:plain

写りが悪いので良さが伝わらないかもですが、

部屋付きのお風呂としては、広くて快適でした。

白濁湯を独り占めできる贅沢さ。

 

f:id:iyotabi:20181021181434j:plain

 

ヘアアメニティ。

f:id:iyotabi:20181021181348j:plain

ブランドはTHANN。

ただ、他のブランドを追加で選べるサービスがあります。

 

f:id:iyotabi:20181021181224j:plain

選んだブランドのシャンプー、コンディショナー、ボディーソープのミニサイズを部屋に届けてくれます。こういうのちょっとうきうきします。

けれど、残念ながら届けてもらったボトルの外装が黒く汚れてて。

気になって、結局使えずでした。

2017年秋北海道旅行 登別温泉 『望楼NOGUCHI登別』少し観光とラウンジ編

支笏湖から、バスに乗って新千歳空港へ。

そこからバスを乗り換え、登別温泉に向かいます。

 

北海道旅行最後のお宿は『望楼NOGUCHI登別』

北海道をメインに展開している、野口観光グループのお宿です。

 

東日本の温泉番付の上位常連である、登別温泉。大規模な宿がほとんどですが、

ゆっくりお湯を楽しめる宿がいいなと、部屋に温泉風呂付きのこちらのお宿に。

客室数は40部屋の中規模宿です。

 

一休.comからの予約で、

「【最大18時間ショートステイ】観光や移動で滞在時間短めの方へ~期間限定」

【温泉展望風呂付】スイート禁煙(ツイン)

で平日2名1室、1人32500円(税込)ぐらいでした。

チェックイン時間が16時以降と遅めの設定です。

 

チェックイン前に、登別温泉地獄谷へ。

f:id:iyotabi:20181021124328j:plain

f:id:iyotabi:20181021114924j:plain

f:id:iyotabi:20181021115013j:plain

f:id:iyotabi:20181021124152j:plain

f:id:iyotabi:20181021124256j:plain

硫黄の香りともくもくと上がる湯気。

アジア系の観光客の方が多かったです。

 

さて、お宿に向かいます。

f:id:iyotabi:20181021124615j:plain

 

ラウンジ「KOMOREBI」でチェックイン。

f:id:iyotabi:20181021124705j:plain

でかでかとしたソファー。

 

f:id:iyotabi:20181021124841j:plain

お茶請けに、ドーナツフィナンシェ的なアイテムを。

 

ラウンジでは、コーヒーやジュースがフリーで頂けます。

f:id:iyotabi:20181021124749j:plain

2017年秋北海道旅行 支笏湖観光

支笏湖観光の写真を少しだけ。

ちょうど紅葉の時期でした。

f:id:iyotabi:20180829210335j:plain 

f:id:iyotabi:20180829210554j:plain

f:id:iyotabi:20180829210742j:plain

f:id:iyotabi:20180829210859j:plain

f:id:iyotabi:20180829210929j:plain

f:id:iyotabi:20180829211049j:plain

 

支笏湖の周囲には、色んな野生動物がいるらしいのですが、

残念ながら、カラスしか会えませんでした。

というか、今回の北海道旅行で会った野生動物はカラスだけだ。。

2017年秋北海道旅行 支笏湖温泉『休暇村支笏湖』夕食&朝食編

夕食です!

宿食続きなので、少し控えめにと思い、スタンダードプランにしました。

ただ、ちょっと控えめすぎたかな。。

 

スタンダードの「みずうみコース」

f:id:iyotabi:20180516163200j:plain

中央が先付けの「湯葉の磯和え」と「ツブわさび」

このツブわさびが一番美味しかった。

 

鍋物

f:id:iyotabi:20180516163559j:plain

カニ鍋」

 

造り

f:id:iyotabi:20180516163828j:plain

鮪、サーモン、烏賊。

美味しくなかった。。

 

同行者は、ワサビが不味くてびっくりしてました。

一般的なチューブわさびより美味しくないと。

どんなに不味い刺身でも、ワサビがあれば誤魔化せるのに!と悲しんでました。

 

蒸し物

f:id:iyotabi:20180516164238j:plain

帆立茶碗蒸し。

 

焼き物

f:id:iyotabi:20180516164313j:plain

鮭のちゃんちゃん焼き。

他、ご飯、汁物、漬物、デザートはセルフで自由に取れます。

 

デザート

f:id:iyotabi:20180516164342j:plain

 

たくさん食べる方ではない私でも、足りませんでした。

同行者は白ごはんを大量に食べてました。

 

続けて、朝食のことも。写真がないのでさらっと。

ビュッフェ形式で、種類はそんなに多くないですが、一般的な卵とか鮭とかはあります。北海道の秋なのに、焼き鮭が美味しくなくてちょっとショック。

  

今回のプランは、

「スタンダードみずうみプラン」、洋室ツインルームで祝前日泊、2名1室、

1人11,300円。

 

前後の宿の料金と比べてリーズナブルなので、食事のハードル低めで!と思ってたつもりですが、それでも量も質もちょっと残念に感じました。

 

宿自体のネットの評判は悪くなかったので、皆さんそもそもスタンダードコースは頼まないのかもしれません。

量に関しては、宿泊客はご年配の方が多く(平均年齢60歳超えてる感じ)、年配の方に合わせてるのかも。

 

あんまり食事に興味ないです、って方以外はグレードアップコースとか別の食事プランを検討してもいいかと。

辛口でごめんなさい!あくまで個人の感想です!

 

『休暇村支笏湖』の素晴らしかった所は、スタッフの方がしっかりしてること。

大手だけあって教育をちゃんとされているのか、電話応対からフロント、送迎の方まで、気持ち良い対応をして頂けました。

 

ありがとうございました!

2017年秋北海道旅行 支笏湖温泉『休暇村支笏湖』お部屋&お風呂編

帯広から、電車・バスを経て、

3泊目は支笏湖温泉『休暇村支笏湖』へ!

お宿続きなので、お値段抑え目の所で財布と胃腸を休めます。

 

お値段以外に、休暇村を選んだ理由として、

昔、日光湯元の休暇村に行ったことがあるのですが、ご飯がすごく美味しくて、休暇村って悪くないかも!と。

なので、今回宿を選ぶ時に、安くても良い宿の期待を込めて休暇村へ。

 

今回のプランは、

「スタンダードみずうみプラン」、洋室ツインルームで祝前日泊、2名1室、

1人11,300円でした。

事前に電話で質問した際、スタッフの方の丁寧な対応で宿への期待も高まります。

とはいえ、前後の宿との値段帯はかなり違うので、ハードルは低めに。

 

泊まった部屋は、洋室ツインルーム

f:id:iyotabi:20180824142224j:plain

他の部屋プランとして、和洋室や和室もあります。

 

昔懐かしの地方ビジネスホテルの雰囲気。

f:id:iyotabi:20180824142258j:plain

 

クローゼット

f:id:iyotabi:20180824142732j:plain

浴衣、バスタオルなど。

 

お茶菓子はバタークッキー。

f:id:iyotabi:20180824142328j:plain

 

洗面所

f:id:iyotabi:20180824142534j:plain

写真左側のドアが玄関、正面がトイレ。

 

懐かしのアメニティ!

f:id:iyotabi:20180824142657j:plain

手洗い・洗顔兼用のソープもあり。

 

歯磨きとフェイスタオル。

f:id:iyotabi:20180824142506j:plain

 

お部屋で困ったこととして、スーツケースを置く台がない。

土足のお部屋なので、地べたに置くのも少し抵抗が。。

なので、スーツケースで気になる方は和室か、自分で台をご持参を!

 

お風呂は大浴場があります。内湯が一つ。

時間帯にもよりますが、夕方行くと少し混雑してました。

年配の方が多いからか、浴室からはおばあちゃんの臭いが。

掛け流しではないですが、独特のとろみのある泉質です。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』朝食編

さて朝食。

f:id:iyotabi:20180822192611j:plain

夕食と同じ食事処、同じ席にて。

 

朝食は、和食と洋食があります。

f:id:iyotabi:20180822192715j:plain

夕食時にどっちがいいか聞かれます。

メニューがあるので、決めやすくて助かる。

同行者と洋食・和食一つずつ頼みました。

 

 これは和洋共に持ってきてくれたドリンク。。だったか。。。

f:id:iyotabi:20180824081709j:plain

 

まずは、洋食から。

f:id:iyotabi:20180824082525j:plain

反対側から撮ったので写真の向き逆です。

「十勝産コーンと風景の牛乳を使ったコーンスープ」

鹿追町 草原の風のウインナーとベーコン」

「野菜サラダ」

卵料理は、「スクランブルエッグ」「目玉焼き」「オムレツ」から選択。 

 

f:id:iyotabi:20180824082619j:plain

「第一ホテルの自家製パン」

自家製だけあってサクサクでもっちり。

洋食はパンが美味しいとテンションあがる。

バター、ブルーベリージャム、ラズベリー&グレープフルーツミックスジャムと共に。

 

続いて和食。

f:id:iyotabi:20180824081901j:plain

「小鉢三種盛り」 

 

f:id:iyotabi:20180824081943j:plain 

f:id:iyotabi:20180824082818j:plain

「音更産大袖振湯葉豆腐の豆腐」

 

f:id:iyotabi:20180824082738j:plain

「ときしらずの酒粕味噌漬け」

卵料理は「目玉焼き」か「卵焼き」

「あさりの味噌汁」

「香の物」

「北海道上富良野産 おぼろづき 白飯又はおかゆ

 

あとは、セルフで。 

f:id:iyotabi:20180824082020j:plain

各種飲み物。

 

f:id:iyotabi:20180824082111j:plain

サラダ 

 

f:id:iyotabi:20180824082248j:plain

温泉卵 

 

f:id:iyotabi:20180824082317j:plain

フルーツ

 

f:id:iyotabi:20180824082353j:plain

ヨーグルト 

 

このミニビュッフェ、自分で調節できていいのですが、

食事処が広くないので、取りに行く時に他のお客さんの席の後ろを通らねばならず。。

私たちは窓際だったので大丈夫でしたが、ビュッフェ台近くのお客さんだとちょっと落ち着けないかも。。。

 

締めの飲み物。

f:id:iyotabi:20180824082940j:plain

コーヒー、紅茶、ブレンドハーブティーから選べます。

 

非常に満足度の高いお宿だと思います。

食事、温泉、お部屋、接客と、どれも質が高く。

チェックインからアウトまで気持ちよく過ごせました。

人気が出るのも当然のクオリティ。

特に、地元食材を多用して素材の味を丁寧に活かした料理と、部屋で楽しめる特徴ある泉質の温泉を両立しているのはすごいです。

 

利用したプランは、公式サイトより、 

「【スタンダードプラン】モール温泉付き客室と四季の創作和食懐石」

山側の洋室、温泉ひのき風呂付で2名1室、1名31,320円(税・サービス料込)。

 

お値段はお高めですが、それ以上の価値があります。

北海道旅行するなら、早めの予約で是非泊まって欲しい宿です。

 

ありがとうございました!