iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋 千葉旅行『網元の宿 ろくや』朝食編

2018年になりました。

ゆっくり穏やかな年になりますよう。

 

さて、『ろくや』さんのラスト。

朝食は、夕食と同じ食事処でいただきます。

 

籠盛

f:id:iyotabi:20171231095002j:plain

ほうれん草とえのきの浸し

塩辛

五目豆

しらす大根おろし

ひじき

香の物

出汁巻き玉子

浅利

生野菜

 

焼き魚

f:id:iyotabi:20180106190645j:plain

数種類から選べました。これは鯵。

 

お味噌汁

f:id:iyotabi:20180106190738j:plain

伊勢海老出汁。

 

台の物

f:id:iyotabi:20180106190937j:plain

出来立て豆腐

 

お好み

f:id:iyotabi:20180106190603j:plain

納豆、玉子

 

デザート

f:id:iyotabi:20180106190833j:plain

ミルクプリン

 朝もデザートがしっかり美味しいのが、嬉しい。

 

今回のプランは、「豪快グルメプラン 3F和モダン客室」

金曜日泊で1人16,047円なり。

平日とはいえ、1万円代でこのクオリティは画期的。

祝前日は、1人プラス3000円らしいです。

 

姉妹館『rokuza』と比べると、

『ろくや』は貸切風呂が多く、食事処も和気藹々として、ファミリー向け。

『rokuza』は、全体の基調、スタッフの対応が落ち着いていて大人同士にオススメ、

という感じ。

 

時期も違うし、単純比較はできないのですが、食事内容も、

『ろくや』の方が、素材のそのままを活かした、”分かりやすい”料理が多いように思いました。 

 

ともあれ、どちらも良いお宿には変わりありません。

ありがとうございました!

2017年秋 千葉旅行『網元の宿 ろくや』お風呂編

『網元の宿 ろくや』さんの温泉は、

「ナトリウム-塩化物温泉」で弱アルカリ性

掛け流しではありません。

 

大浴場と、貸切風呂が4箇所あります。

どこも夜は24時まで、朝は5時から9時半までです。

 

まずは、大浴場から。

f:id:iyotabi:20171210205836j:plain

簡素ですが、清潔にされてます。

 

湯船

f:id:iyotabi:20171210205619j:plain

快適に入れる人数は、3人ぐらい。

ただ、貸切風呂が多いのでそこまで他の人とはかぶりません。

 

次に、本館貸切風呂。

空いてたら自由に入れる方式。

「ひのきの湯」

f:id:iyotabi:20171210210806j:plain

f:id:iyotabi:20171210210118j:plain

f:id:iyotabi:20171210210307j:plain

 

「陶の湯」

f:id:iyotabi:20171210205926j:plain

人気が高くて待ちが発生していることが多く、、

自分は本館貸切風呂は入りませんでした。

 

次に、別館の貸切風呂

f:id:iyotabi:20171209195230j:plain

こちらは、チェックインから24時までは予約制。

1グループ1回無料で予約できます。

 

「八竹の癒」

f:id:iyotabi:20171209195501j:plain

f:id:iyotabi:20171209195358j:plain

本館の貸切風呂と比べても、かなり広い湯船。

家族連れも広々入れると思います。

 

f:id:iyotabi:20171210211243j:plain

 

「土の癒」

f:id:iyotabi:20171210211208j:plain

f:id:iyotabi:20171210211332j:plain

2017年秋 千葉旅行『網元の宿ろくや』夕食編

こちらのお宿の醍醐味、食事!

f:id:iyotabi:20171125211620j:plain

食事処「網元居酒屋 手漉き舟」にて。

居酒屋の名の通り、落ち着いた、というよりは、元気の良いスタッフさんが多かったです。

へいらっしゃい!みたいな。

 

f:id:iyotabi:20171125212007j:plain

半個室。

 

先付け

f:id:iyotabi:20171125212306j:plain

手前が「蓮根摺り流し」中に鶏団子が入ってます。

奥が「鱧ざく」

 

主菜

f:id:iyotabi:20171125212546j:plain

「地魚大漁舟盛り」

金目鯛、平政、真鯛、縞鯵、眼鯛、鯔(いなだ)、魳(かます)、

鰆、目仁鮪(めじまぐろ)、鯵、栄螺、生しらす、伊勢海老

と、まさに大漁。

色んな魚を少しづつ味わえる舟盛りの魅力が存分に生かされてます。

太平洋の魚&下に氷がないからか少し身が緩め。

 

八寸

f:id:iyotabi:20171125213943j:plain

左上に「地野菜スティック」

「栄螺諸味噌焼き」

「鰻とびしゃ玉の御飯」

「鯖香煎揚げ」

右手前が「無花果、トマト、苦瓜の合混ぜ マスカルポーネ

野菜スティックが、青臭みが少なくて美味しかったです。

そして安定のマスカルポーネ

 

台の物

f:id:iyotabi:20171125221857j:plain

「鮑踊り焼き」

 

油物

f:id:iyotabi:20171125222021j:plain

「海老真蒸揚げ出汁」

 

鉢肴「鮪の兜焼き」

見た目として苦手な方がいるかと思うので、写真小さめ。

クリックの際にはお気をつけを。

f:id:iyotabi:20171125222247j:plain 

出てきた時のインパクトがすごい。

身の味自体は悪く無いのですが、量が多く且つ味付けが薄いので、

途中で飽きるかも。

こちらはチョイスで、季節の煮魚も選べます。

 

煮物替り

f:id:iyotabi:20171125222655j:plain

f:id:iyotabi:20171125222830j:plain

「丸六石焼鍋」

焼き石を入れて、熱々に。

目の前でのパフォーマンスにテンション上がります。

海鮮物が多く入っていて出汁もばっちり。

 

御飯

f:id:iyotabi:20171126191633j:plain

「とろろ御飯」

たくさん食べた胃腸にも優しいとろろ。

 

デザート

f:id:iyotabi:20171126192141j:plain

2種類から選べました。

こちらは、ずんだあんみつ。

以前ずんだ餅を食べた時にあまり好みではなかったので、

恐る恐るでしたが、ずんだとアイスの甘みが程よくてすごく美味しかったです。

最後に出てくるデザートのクオリティが高いと、全体の満足度が上がります。

 

同行者が選んだもの。

f:id:iyotabi:20171126192254j:plain

なんだったかな、、、

 

値段帯で考えると、かなりクオリティが高いです。

てきとうな料理が無いというか、料理のどれもにきちんと手をかけていて、

最後まで幸せな気持ちが続きます。

確かにこれは人気が出るよ。

 

ごちそうさまでした!

2017年秋 千葉旅行『網元の宿ろくや』館内散策&海岸散歩編

お宿散策。

大きな宿ではないので、共用施設はあまり多くないです。

 

ラウンジ

f:id:iyotabi:20171123162151j:plain

浴場が隣なので、貸切り風呂待ちの人がよく座ってました。

 

フリードリンク

f:id:iyotabi:20171125205704j:plain

お風呂上がりの水分補給にも。

 

ロビー横の色浴衣 

f:id:iyotabi:20171123162352j:plain

 

 

3階客室フロアの廊下にある、ソファースペース。

f:id:iyotabi:20171123161635j:plain

このスペースと同じのがもう1つはありました。

正直、用途が謎の空間だと思ってましたが、電話の時にお世話になりました。

こういうソファが客室にもあればいいのに。

 

お宿から海は見えませんが、徒歩数分で海辺に出れます。

f:id:iyotabi:20171123161006j:plain

道の先に。

 

f:id:iyotabi:20171123161125j:plain

秋の海なので、砂浜で地元のちびっこが遊んでるだけでした。

真夏には海水浴で盛り上がるのかな。

2017年秋 千葉旅行『網元の宿ろくや』お部屋編

今回は2泊3日の千葉旅。

千葉は湯質良好な温泉はあまりないですが、

その分食事に力を入れた、評判の良い小宿が多いイメージ。

 

1泊目は『網元の宿ろくや』さん。

去年行った『rokuza』の姉妹館です。

2016年夏千葉鏡ケ浦温泉『rokuza』お部屋編 - iyotabi’s diary

 

両宿ともに評判が高く、自分としても『rokuza』はリピートしたいくらい印象が良かったので、

『ろくや』さんにも期待大でした。

 

ただ、『rokuza』と同じく、休前日で2名1部屋の場合は、選べる部屋タイプが制限されます。

しかも、『ろくや』の方が、選べる部屋の種類が少ない。。

料金が上がるのではなく、そもそも予約ができないシステムなのは珍しい。

家族連れが多いから、多人数優先なのかな。

 

ゆっくりしやすいベットの部屋が好みなので、平日泊で行ってきました。

利用したプランは、「豪快グルメプラン 3F和モダン客室」

金曜日泊で1人16,047円。

 

『ろくや』さんは、住宅街の中にあります。

f:id:iyotabi:20171115211514j:plain

f:id:iyotabi:20171115211652j:plain

 

泊まった部屋

「3F 和モダン客室【和室+ステージベット】」 

f:id:iyotabi:20171115212558j:plain

手前が和室、奥にベットがあります。

 

f:id:iyotabi:20171115212703j:plain

家庭でよく見る感じのテーブル。

 

f:id:iyotabi:20171115213138j:plain

 

ベット側。

f:id:iyotabi:20171115212349j:plain

海が近い宿ですが、どこの部屋もオーシャンビューではないです。

 

洗面所

f:id:iyotabi:20171115212742j:plain

スキンケアとして、POLAのアロマエッセンスがボトルで。

 

シャワーブース

f:id:iyotabi:20171115212857j:plain

 

作務衣と足袋。

f:id:iyotabi:20171115213227j:plain

女性はロビーで色浴衣も選べました。

 

こちらのお宿の楽しみの一つ。

f:id:iyotabi:20171115213322j:plain

『rokuza』にもあった、焼き菓子セット!

 

f:id:iyotabi:20171115220011j:plain

「solennel」は、館山の「渚の駅たてやま」にあるパティスリー。

夕食前で食べ過ぎ厳禁ですが手が止まらない。

 

部屋は思った以上にシンプルでした。

ただ、1万円代のお宿としては十二分です。

内装がすっきりしているのが、小さい子供連れにはいいのかも。

2017年秋 滋賀県『クサツエストピアホテル』

不定期のビジネスホテルシリーズ。

 

またしても用事で京都まで。

ただ、京都の秋は宿の値段が高いのです。。

最近高騰気味なのも相まって、中々のお値段でした。

 

そこで、滋賀県草津の宿にお世話になることに。

草津はJRで京都駅から20分ほど。

交通の便も悪くなく、でも京都の市内より値段が抑え目なことが多い。

京都で希望の宿が見つからない時は、滋賀の大津や草津をチェックしてます。

 

今回のプランは、

「スーペリアルーム【禁煙】ダブルベッド、当日限定プラン【食事なし】」

で、金曜日泊1人5400円でした。

 

共用スペースは、古いホテルの雰囲気と香りですが(臭い訳ではないです)、

部屋自体はモダンな印象です。

f:id:iyotabi:20171113220519j:plain

f:id:iyotabi:20171113215026j:plain

f:id:iyotabi:20171113222733j:plain

このふっくらした白いシーツのフォルムが好き。

 

お部屋に一台空気清浄機。

f:id:iyotabi:20171113215741j:plain

 

空調は、冷房・暖房固定型。

f:id:iyotabi:20171113220243j:plain

季節の変わり目は少し困ります。

 

こじんまりなクローゼット。

f:id:iyotabi:20171113221220j:plain

スリッパとスーツケース置き。

 

トイレ・バス

f:id:iyotabi:20171113220044j:plain

シンプルかつクリーン。

 

アメニティ

f:id:iyotabi:20171113220644j:plain

シェービングクリームもありました。

 

シャンプー達

f:id:iyotabi:20171113220805j:plain

安心のPOLA

フェイス&ハンドソープはSARAYAでした。

 

女性はフロントでレディスアメニティセットがもらえます。

f:id:iyotabi:20171113220438j:plain

f:id:iyotabi:20171113220353j:plain

泡立てネットとか家から持ってきにくいし、助かります。

 

f:id:iyotabi:20171114233347j:plain

無料のミネラルウォーター。

 

アメニティ・備品がしっかりしていて、欲しいものが揃ってます。

部屋自体も経年劣化に対してきちんと手を加えていて、清潔感がありました。

 

今回は当日プランがゲットできたのでかなり割り安でした。

タイミングとエリアを上手く狙うことで、コスパの良い旅にしたい。

 

ありがとうございました!

2017年夏 熱海旅行『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』朝食編

旅恒例の早起き。

f:id:iyotabi:20171021173214j:plain

 

朝食は昨日と同じレストランにて。

f:id:iyotabi:20171021173900j:plain

 

『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』さんの朝食メニューは少し変わっていて、

基本メニューとオプションメニューがあります。

 

まず、これが基本のメニュー。

f:id:iyotabi:20171021174058j:plain

これだけだとカロリー500以下のヘルシーな内容。

 

で、基本メニューだけでは足りない人の為に、追加のオプションを選べます。

f:id:iyotabi:20171021174205j:plain

食べれる限りいくつでもお願いできます。追加料金はかかりません。

宿の朝食は食べきれなくて残したり、、ということも多いので

自分の食べれる分だけ、好きなものを、のシステムは画期的だと思います。

 

まずは基本のメニュー。

「目覚めのプレリュード」

f:id:iyotabi:20171021174603j:plain

f:id:iyotabi:20171021174528j:plain

目覚めの飲むサプリメント

静岡フルーツ酢のヴィネガードリンク

丹那ヨーグルトと三島の天然蜂蜜

夏の果実

 

「スープ」

f:id:iyotabi:20171021175007j:plain

 

「卵料理」

f:id:iyotabi:20171021175342j:plain

伊豆トマト、パプリカ、玉葱の煮込み。ピペラード添え。

卵料理はオムレツでお願いしました。

オプションのポークソーセージも一緒に。

 

サラダの写真は残念ながら撮り忘れ。

 

ここからオプションでお願いしたもの。

f:id:iyotabi:20171021174424j:plain

オレンジジュース

 

f:id:iyotabi:20171021181832j:plain

丹那牛乳と夏果実のミルクスムージー

 

焼きたてパン

f:id:iyotabi:20171021175710j:plain

9種からいくつでも。

ネット上では全部頼みましたという猛者もいました。

 

f:id:iyotabi:20171021181747j:plain

パンはバターやジャムをお好みで。

 

今回は、『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』の

「誕生1周年特別宿泊プラン」

ビューバス付きハリウッドツイン金曜日泊、1室2名で29400円。

高い完成度で統一されたお宿でした。

 

帰り際に「今日は暑いから」とお茶とクッキーを頂きました。

f:id:iyotabi:20171021182236j:plain

最後まで気配り。

 

ありがとうございました!