iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』夕食編

素晴らしかった夕食編!

f:id:iyotabi:20180520143129j:plain

フロント隣のレストランで頂きました。

個室の食事処ではないですが、部屋数が少ないので騒がしくは感じず。 

 

 

先付け

f:id:iyotabi:20180520150246j:plain

胡瓜、ズワイ蟹翁巻きキャビアのせ、茄子、ズッキーニ、スナップエンドウ

左端のピンクも確かズッキーニだった、はず。

 

前菜

f:id:iyotabi:20180520150345j:plain

「卵豆腐ゼリー」

「秋刀魚一夜干し」

「酢取り茗荷」

 「自家製チーズ二種」

「銀杏松葉」

「カラートマトワイン漬け」

「蟹寿司」

(元々は蕎麦寿司でしたが、蕎麦NGなので変更して下さいました。

こちらの都合で変更なのに、蟹になるのは嬉しい。)

 

お椀

f:id:iyotabi:20180520150450j:plain

「萩真丈 浅利と帆立のスープ 帆立焼き〆」 

出汁美味しい。 

 

御造り

f:id:iyotabi:20180520150535j:plain

「本鮪、牡丹海老、大助がっこ博多、白身昆布〆」

新鮮でぷりぷりトロトロ。

 

醤油かお塩で。 

f:id:iyotabi:20180520150625j:plain

 

焼き物

f:id:iyotabi:20180520150736j:plain

「十勝和牛炭火焼き 黒ニンニクソース」

文句なしに美味しい。

 

口休め

f:id:iyotabi:20180520150849j:plain

 

シャーベット 

f:id:iyotabi:20180520150921j:plain

 

 

温菜

f:id:iyotabi:20180520150951j:plain 

f:id:iyotabi:20180520151027j:plain

 「鮑薯蕷蒸し」

出汁が美味しくて、あっという間に食べてしまう。

 

進肴

f:id:iyotabi:20180520151148j:plain

「キンキ ズッキーニ 蕪のスープ煮」 

 

酢の物

f:id:iyotabi:20180520151232j:plain

「水菜と北寄の香味和え」 

 

お食事

f:id:iyotabi:20180520151303j:plain

f:id:iyotabi:20180520151343j:plain

「枝豆ご飯」

「赤出汁」

食べるラー油

 

水菓子 

f:id:iyotabi:20180520151426j:plain

「メロン餡蜜  アイスクリーム

モッツァレラチーズ 桃寒天 黒蜜寒天

十勝産豆の餡 果物添え」

 

品数は多いですが、味の濃さや量がちょうど良く、最後まで美味しく頂けました。

美味しい素材を手間かけて更に美味しく。スタッフさんも皆、感じの良い方ばかり。

 

お宿の前評判が高かったので、期待が大きかったのですが、

期待を裏切らない、幸せな時間でした。

 

 

お夜食にと

f:id:iyotabi:20180520151516j:plain

 

f:id:iyotabi:20180520151542j:plain

 お稲荷さんまで。

 

 食後に少しだけバーへ。

f:id:iyotabi:20180808165815j:plain

バーのスタッフさんは、夕食の給仕も担当されている方で、

適度な距離感&話上手で居心地良かったです。

2017年秋北海道旅行 十勝川温泉『三余庵』お部屋編

2泊目の宿に行く前に、観光の写真を少しだけ。

『ラビスタ阿寒川』を出発し、釧路湿原の細岡展望台へ。  

f:id:iyotabi:20180417191022j:plain

f:id:iyotabi:20180417190917j:plain

釧路湿原に展望台はいくつかありますが、

「細岡展望台」は、蛇行した釧路川を眺めることができるのが、最大のポイント! 

 

では、レンタカーを返し、釧路駅から列車で帯広を目指します。

帯広駅からは、宿までバスで30分ほど。

宿泊者はバス代の無料チケットが帯広駅のバスターミナルでもらえるのですが、

電車とバスの接続がぎりぎりで、その余裕はなく。。

帰りのチケットは宿でもらえました。

 バス亭からは、徒歩2分程で『三余庵』さんに到着です。

 

『三余庵』さんはすっごく!すごく評判の良いお宿。

北海道に行くと決めた段階で、絶対泊まりたい宿でした。 

 

利用したプランは、公式サイトより、 

「【スタンダードプラン】モール温泉付き客室と四季の創作和食懐石」

山側の洋室、温泉ひのき風呂付で2名1室、1名31,320円(税・サービス料込)。

山側なので、他の部屋よりお安め。

 

早速チェックイン。

f:id:iyotabi:20180420002554j:plain

ロビーにて。

 

おしぼりとホットのハーブティーだったかな。

f:id:iyotabi:20180420001039j:plain

 

ゆっくりしている間に、ウェルカムスイーツ。

f:id:iyotabi:20180420001112j:plain

リンゴのコンポート、カスタードクリーム載せ。

お茶も添えて。2種の飲み物を時間差で出す丁寧さ。

 

では、部屋へ。

f:id:iyotabi:20180420190900j:plain

客室は2階と3階に11室あります。 

 

泊まったのは、253号室「雪国」

f:id:iyotabi:20180421144932j:plain

f:id:iyotabi:20180420185009j:plain

玄関から見て。

 

 

入り口左手の飲み物コーナー

f:id:iyotabi:20180420185125j:plain

無料のミネラルウォーターが用意されてます。

 

ライティングデスク。

f:id:iyotabi:20180420185047j:plain

 

机の上にアロマポット。

f:id:iyotabi:20180420190729j:plain

部屋に置かれたアロマオイル以外に、廊下には別のオイルも用意されてました。

 

 引き出しには、部屋の名前「雪国」の小説が。

f:id:iyotabi:20180420190832j:plain

 

リビング

f:id:iyotabi:20180420185205j:plain

 

机の上のお菓子。

f:id:iyotabi:20180420191423j:plain

 

昆布。

f:id:iyotabi:20180420191457j:plain

 

ベッドルーム。

f:id:iyotabi:20180420185234j:plain

 

ベッドルームのクローゼット。

f:id:iyotabi:20180420190553j:plain

浴衣。

 

そして、作務衣。

f:id:iyotabi:20180420190700j:plain

館内着と寝る服が変えられるので、2種類あるのは嬉しい。

 

使い捨ての部屋用スリッパ。

f:id:iyotabi:20180420190624j:plain

使い捨てでもちゃんとしたやつです! 

 

部屋を引きで見ると。

f:id:iyotabi:20180420190447j:plain

 

洗面所。

f:id:iyotabi:20180420185340j:plain

インシンク

 

 アメニティ。

f:id:iyotabi:20180420190112j:plain

 

スキンケア用品

f:id:iyotabi:20180420185423j:plain

宿で初めて見た!ナチュラルサイエンスのママ&キッズ。

妊婦さんや赤ちゃん向けのブランドなので、敏感肌でも使いやすい。

 

男性向けにPOLAの「GACHI」

f:id:iyotabi:20180420190002j:plain

 

タオル類。

f:id:iyotabi:20180420190202j:plain

オーガニックコットン

スキンケア用品とか、部屋のアイテムにこだわりが感じられます。 

 

お風呂。

f:id:iyotabi:20180420190238j:plain

ひのき風呂です。

掛け流しですが、源泉の温度は高めなので適宜水を混ぜて。

泉質は、全国でも珍しい「モール泉」。

独特の茶褐色と柔らかみのある素敵なお湯でした。

保湿成分が多く含まれていて、何度もお風呂に入りましたが、肌荒れせずでした。

このお風呂が、部屋にあるって贅沢!

 

f:id:iyotabi:20180420190349j:plain

 

ヘアケア用品。 

f:id:iyotabi:20180420190317j:plain

 

トイレ。

f:id:iyotabi:20180420185307j:plain

広い。

「雪国」はお風呂以外段差の少ないお部屋、とHPに記載されていたので、

バリアフリーを意識されているのかも。

 

温かみがあってとても居心地の良い部屋でした。

素敵な温泉を独り占めできるお風呂は本当に最高。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』朝食編

最後に朝食!

夕食と同じ食事処にて。

f:id:iyotabi:20180416144623j:plain

食事処は場所によって、阿寒川を見ることができるらしいですが、

あいにく夕食・朝食共に奥で見えず、、でした。

 

 

朝食は、洋食・和食から選べます。

たしか、前日の夕食時に聞かれたはず。

私は洋食、同行者は和食でお願いしました。

 

まずは、洋食から。

f:id:iyotabi:20180416145512j:plain

f:id:iyotabi:20180416144746j:plain

手前のプレート

左から、

「蟹とアボカドのチーズ和え」「ラタトューイユ」

「鰈のブランダード」「サーモンマリネ」

ブランダードは、たらをペースト状にした、フランス料理みたいですね。

 

中央右が、「北見産 玉葱スープ」

簡易なオニオングラタンスープ。

 

奥左が、「ヨーグルト」

のし梅のせ。のし梅は山形のお菓子で、梅を寒天に練りこんだものだとか。

 

奥右が、名物「ラーメンサラダ」

胡麻ドレッシングがかかってます。

味として、不味い訳はないのですが、なぜ宿の名物なのかちょっと不思議。

 

卵料理

f:id:iyotabi:20180416151016j:plain

「スパニッシュオムレツ」「ベーコン」

「ウインナー」「ザワークラフト」

 

煮込み

f:id:iyotabi:20180416145126j:plain

ビーフシチュー」

朝から重い!けど美味しい。

 

主食はパンかグラノーラから選べます。

f:id:iyotabi:20180416144827j:plain

パンは余ったら持ち帰れるようにと、ビニール袋も頂きました。

 

続いて、和食。

f:id:iyotabi:20180416145418j:plain

f:id:iyotabi:20180416144923j:plain

手前が北の三種

「道産大豆の含め煮」「灯台つぶ酢味噌和え」「たらこ」

 

中央の蓋被っているのが、「肉じゃが」

隣の小鉢が、「切り干し大根」と「めかぶ」

 

奥の真ん中が、

「柳葉魚(ししゃも)」「油鰈味醂漬け」

「卵焼き」「山海漬け」「焼板かまぼこ」

 

名物の「ラーメンサラダ」、「ヨーグルト」は、和洋どちらにもあります。

 

選べるご飯の友

f:id:iyotabi:20180416145028j:plain

これは、「黒豆納豆」

他に、焼き海苔、温泉卵、鰊の切込みの選択肢があります。

 

味噌汁

f:id:iyotabi:20180416145202j:plain

1人分ですが、たぷたぷとした鍋で登場します。

 

食事は白米でお願いしたのですが、

f:id:iyotabi:20180416145303j:plain

茶粥も少し持ってきて下さいました。

お米は北海道の「ゆめぴりか」です。

 

飲み物はセルフ。

f:id:iyotabi:20180416144659j:plain

牛乳、ジュース、コーヒー、お茶、水。

 

使用したプランは、じゃらん経由で、

「【直前割】急なご旅行でも大丈夫☆残りわずか早い者勝ち♪1泊2食付」

川側 ツインAで、平日1人20,300円(税込)でした。

 

2015年にオープンした新しいお宿であり、施設も非常に綺麗です。

何より、部屋に掛け流しのお風呂があること、そこから眺める景色は、それだけでこの宿に泊まった価値がありました。

ただ、平日ぎりぎり2万円台なので、欲を言えば、食事がもう少し技巧的と言うか、繊細なものや手間暇かかっているものがあれば、満足度が違ったと思います。

f:id:iyotabi:20180416153142j:plain

 

ありがごうございました!

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』館内散策編

館内散策。

今回利用しなかったお風呂についてもちょっと紹介。

 

ラウンジ「ポッケヌイ」

f:id:iyotabi:20180417185042j:plain

f:id:iyotabi:20180417184858j:plain

ウェルカムドリンク用のセルフのお茶。

無料のコーヒーもあります。

 

ショップ「コロポックル

f:id:iyotabi:20180417185118j:plain

24時間営業。珍しい。

 

「集い処 ウタル」

f:id:iyotabi:20180415152538j:plain

 

お風呂上がりにと、セルフのアイスキャンディー。

f:id:iyotabi:20180415152347j:plain

朝は、カツゲン雪印の北海道限定乳酸飲料)に変わります。

 

夜22時半から、23時半の間には、ここで夜鳴きそばのサービスもありました。

共立リゾート系のサービスとして多いらしい。

 

利用しませんでしたが、貸切風呂。

f:id:iyotabi:20180415152954j:plain

f:id:iyotabi:20180415153453j:plain

3つあって、空いてたら自由に使えます。

 

レンガ風呂の「星の湯」

f:id:iyotabi:20180415153103j:plain

 

陶器風呂の「風の湯」

f:id:iyotabi:20180415153028j:plain

f:id:iyotabi:20180415153333j:plain

写真無いですが、あと檜風呂の「月の湯」があります。

 

大浴場

f:id:iyotabi:20180417011021j:plain

「河神の湯」

内湯と露天風呂があり、24時間入れます。

 

施設が新しいだけあって、全体的にキレイ。

アイヌ」感を出したデザインが多く、窓越しの風景とも上手く合わさってました。

f:id:iyotabi:20180417185326j:plain

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』夕食編

夕食は「レストラン ワッカピリカ」にて。

 

時間は2部制で、17時半と20時のどちらかでした。

さすがに20時は待てない、、ので17時半でお願いしました。

ただ、遅い時間帯の人向けに、「お凌ぎ」として、18時から18時30分

まで、ちょっとした軽食を用意してたみたいです。

公式サイトを見ると、ふかし芋やとうもろこしの写真がありました。

 

 

f:id:iyotabi:20180414002406j:plain

次の日の朝食時の写真ですが。

個室ではありませんが、隣との間に仕切りがあります。

 

到着時のセッティング。

f:id:iyotabi:20180413184120j:plain

スタンダード料理。

料理プランは1つだけだったと思います。

 

前菜

f:id:iyotabi:20180413184258j:plain

手前のお皿、左から。

「零余子松葉串

焼秋刀魚棒寿司

北海道縞海老艶煮

蝦夷梅貝旨煮

合鴨ワイン煮」 

奥左側。

「ぼりぼり茸の菊花みぞれ和え」

ぼりぼり茸はナラタケの北海道名らしい。

奥右側。

「鮃(ひらめ)麹漬けといくら」

 

秋の味覚や北海道らしい食材が嬉しい。

 

先椀

f:id:iyotabi:20180413235356j:plain

「女神貝」

多分、ビノスガイ、のことかな?

汁の味が薄かったです。

 

造里

f:id:iyotabi:20180414000138j:plain

蝦夷鮑姿盛り

青ぞいへぎ造り

王蝶重ね造り

牡丹海老」

 

台の物

f:id:iyotabi:20180413235952j:plain

「コタン鍋 ブイヤベース仕立て」

 ほっけ、めぬけ、鮟鱇、帆立、ムール貝、津和井蟹(ズワイガニ)、丘ひじき

芋餅、うどん、柔白葱、白菜、山茶茸(ブラウンえのき)、たもぎ茸、と具沢山。

 

f:id:iyotabi:20180414000047j:plain

f:id:iyotabi:20180415145004j:plain

チーズソースで頂きます。

独特の味。

 

洋皿

f:id:iyotabi:20180414000828j:plain

「ラムチョップロースト」

南瓜 ノーザンルビー(赤いじゃが芋)

ピュアホワイト(白いとうもろこし)

ラムチョップは、しっかり火を通していて、がっつりめのジャンキーな味付け。

 

止肴

f:id:iyotabi:20180414001331j:plain

「鱈場蟹と豆乳麺 美味出汁」

 

これは、3つからの選択で、他に

「阿寒湖産姫鱒葱味噌焼き」

「雲丹茶碗蒸し」

が選べました。

同行者の雲丹茶碗蒸しが美味しかったです。

 

食事

f:id:iyotabi:20180414001623j:plain

「北寄貝のライスカレー

レトルトっぽかった。

自家製だったらごめんなさい。。

 

これも選択制で、もう一つが

「鮭と占地茸飯、なめこの味噌汁付き」でした。

 

 

レモンティー付き。

f:id:iyotabi:20180414001734j:plain

 

デザート

f:id:iyotabi:20180414001850j:plain

「もろこしムース」

「十勝産煮小豆 貝最中」

 

北海道色の強いものを含め、色んな食材が出てきたのは、家では味わえない楽しさでした。ただ、全体として、ちょっと大味な印象です。

家族層をターゲットにしていて、幅広い年齢層が好きな味、を目指した結果なのかもしれません。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』お部屋編

注意シリーズも終わり!

さっそく北海道旅行1日目のお宿です。

 

宿に行く前に、釧路の町でラーメン食べたり、阿寒湖観光したのですが、

諸事情で写真も無かったので省きます。

とりあえず、阿寒湖のアジア系の団体観光客率の高さに驚きました。

 

お世話になったのは、『カムイの湯 ラビスタ阿寒川

かの有名な共立リゾートグループの1つです。

 

使用したプランは、じゃらん経由で、

「【直前割】急なご旅行でも大丈夫☆残りわずか早い者勝ち♪1泊2食付」

川側 ツインAで、平日1人20,300円(税込)です。

直前割とは書かれてますが、公式サイトだと、スタンダードな金額です。

今見たらもっと安いプランもありましたが、紅葉シーズンなので高かったのかも。

 

長方形のお部屋に、

f:id:iyotabi:20180412225339j:plain

窓際のベンチスペース

その横のリビングスペース

 

デスクとクローゼットを挟み、

f:id:iyotabi:20180412225251j:plain 

 

ベッドスペースがあります。

f:id:iyotabi:20180412222510j:plain

 

ベンチ側から見ると、こんな感じ。

f:id:iyotabi:20180412222419j:plain

 

f:id:iyotabi:20180412231855j:plain

f:id:iyotabi:20180412225203j:plain

 

お菓子として、花畑牧場のポップコーン2種。

f:id:iyotabi:20180412225936j:plain

 

クローゼットには、館内着が用意されてます。

f:id:iyotabi:20180412230215j:plain

アイヌをイメージした色合いで、上下別れてます。

 

羽織も用意してありました。

f:id:iyotabi:20180412230319j:plain

大浴場や貸切風呂に向かう為の籠も。 

 

洗面所

f:id:iyotabi:20180412225616j:plain

脱衣所も兼ねてます。

コンパクトすぎて、脱いだ服の置き場がなくてちょっと困りました。

 

基本的なアメニティは揃ってます。

f:id:iyotabi:20180412230055j:plain

ただ、スキンケア用品は写真が無くて、

部屋には無かったのか、撮り忘れか、、記憶がないです。。

 

 部屋のお風呂

f:id:iyotabi:20180412225824j:plain

源泉掛け流し。湯船も綺麗で気持ちいい。

部屋についた時は空ですが、スイッチで簡単に溜まります。

このお風呂が気持ちよかったので、大浴場や貸切風呂には行けず。

 

ヘアケア用品は、クラシエのZIRA。

f:id:iyotabi:20180412225717j:plain

 

大きく取られた窓とベンチ

f:id:iyotabi:20180412231756j:plain

写真が暗くて分かりづらいですが、

 

翌朝だと、こんな感じ。

f:id:iyotabi:20180412225517j:plain

紅葉の時期だったので、絵みたいな風景。

朝に鹿とかいないかなーと探してましたが、野生動物は発見できず。。

 

『ラビスタ阿寒川』さんは、川側と駐車場側で、値段にそこまで差がないので、

絶対に川側確約がおすすめです!

部屋付きのお風呂とベンチからの眺めが、自分にとっては『ラビスタ阿寒川』さんの最大のポイントでした。

2017年秋北海道旅行 気をつけたことその2「エキノコックス」

北海道旅行注意したことシリーズ第2弾。

エキノコックス」です。

 

《素人が寄せ集めた知識であり、正確性は保証できません。

詳しくは、公的なホームページが沢山あるので、そちらを見てください!》 

 

なんとなく、名前は知っている人も多いと思います。

最近では愛知県で発見されたと話題になってました。

 

エキノコックス」は、主に野生のキツネに生息する寄生虫です。

キツネの腸内に生息していますが、キツネに対して害はありません。

ただし、感染すると大量の卵を排泄します。

 

これを人間が誤って経口摂取してしまうと、

数年〜数十年に渡って人間の体内で増え、害をもたらします。

主に、肝臓で増え、進行すると全身に転移します。

脳に転移することもあります。脳で寄生虫増えるって。。怖い。

感染した場合の根治療法は、患部の除去のみ、つまり手術です。

放置した場合、自然治癒の可能性は低く、ほぼ亡くなってしまうとのこと。

発見が遅れて切除不能になった場合も、予後は悪いらしいです。

 

キツネだけではなく、犬も感染源になります。

犬もキツネ同様に、感染しても犬自身には影響が少なく、基本は症状が表れません。

駆虫薬はあるので、予防的な投与で卵の排泄を防ぐことが出来ます。 

 

元々日本にいなかった寄生虫で、20世紀に北海道に入ってきました。

北海道以外の県でもたまに報告されるらしいですが、北海道での患者数が圧倒的に多いです。

 

一般人の出来る対策ですが、 

 

・手洗い

エキノコックスはアルコール等の消毒薬には強いとのデータがあり、アルコール消毒より、食事前の手洗いをしっかりするのが大事です。

 

・加熱

エキノコックスは熱に弱いので加熱で排除できます。

ので、汚染されたかも、と思ったらまずは加熱!です。

井戸水・沢水・山菜も汚染されている可能性があるので、十分な加熱消毒が無難です。

  

・キツネに近寄らない

野生のキツネ、めっちゃ可愛いとは思いますが、

車の中から眺めるぐらいにして、撫でにいくのは避けた方がいいです。

野良犬も感染している可能性があるので気をつけて下さい。

 

 

国内では毎年10人〜20人の新規罹患者がいらっしゃいます。

北海道に長年住んでいる方も多い中で、短期の旅行者がそこまで心配すべき確率ではないかもしれません。

 

エキノコックス自体も、早期に発見できたら、患部を取ることで予後は悪くない病気です。北海道では、検診がしっかりしており、血液検査で感染の有無を簡易に調べることができます。

ただ、本州に住んでると、検査機関がほぼ無いんです。

病院で採血してもらって、北海道に送付の手段はあるんですが、

肝臓に異常が出て、ぐらいじゃないと中々そこまで出来ない。。

旅行者は初期診断の可能性が低いので、より気をつけようと思ってました。

 

↓以下、参考にしたサイトです。

青字をクリックすると、飛べます。

国立感染症研究所

エキノコックス症とは

北海道保健福祉部

キノコックス症の知識と予防 | 保健福祉部健康安全局地域保健課

 北海道釧路市

エキノコックス|北海道釧路市ホームページ

 

この感染症については、宿を探している時に、たまたま宿のホームページで見ました。

犬宿泊可の宿だったので、犬を連れてくる人への注意としてエキノコックスのことが書かれていて、そこで初めて知りました。

今までも北海道行ったことありますが、聞いたことがなかったです。

 

自分みたいに知らないで旅行に行った人もいるんじゃないでしょうか。

基本の対策は手洗いなので、少しの注意で予防できます。

知らないより知ってた方が絶対良い、との思いで書きました。

 

ただ、再度ですが、

《素人が寄せ集めた知識であり、正確性は保証できません。

詳しくは、公的なホームページが沢山あるので、そちらを見てください!》

病気のことなので、詳細はきちんとしたサイトで確認して頂けたらと思います。

ここでは、こんな感染症あるんだ!ってことを知ってもらえたら嬉しいです。