読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2015年夏 三重県熊野旅行 『熊野倶楽部』夕食編

夕食は「料亭穀雨」さんで頂きました。

f:id:iyotabi:20150712003207j:plain

今、打って知ったんですけど、「穀雨」って造語じゃないんですね。

24節気の一つで春の雨が降る頃。

てっきり虚空の言い換えかと思ってました。恵の雨で素敵な言葉だなと。

一つ勉強。 

 

中の雰囲気

f:id:iyotabi:20150712210104j:plain

和モダン

 

通された席は

f:id:iyotabi:20150712003858j:plain

こんな感じの横がけ二人席が並んでいる所です。

窓の外に何かある訳じゃないけど、やっぱり開放感あります。

 

 

今回は「迦陵」という多分一番良いコース。

お試しで安かった+ふるさと割効果です。

f:id:iyotabi:20150712003646j:plain

 

 

特典のワンドリンク

f:id:iyotabi:20150712004005j:plain

特典たくさんですよ。

「オレンジベアー」

柑橘系、セミノール果汁と清酒のリキュール。

 思ったよりジュースしてないです。ちゃんとお酒。

 

 

 彩りの前菜

f:id:iyotabi:20150712195052j:plain

「岩清水豚のローストと夏野菜のサラダ

完熟マンゴーとレモンのピネグレッド」

ピネグレッドとはワインビネガーが入ったドレッシング。

甘さとすっぱさが程よい。

 

 

料理長の一品

f:id:iyotabi:20150712200434j:plain

カツオのタタキだったかな。焦げが美味しいなと思った記憶。

 

 

旬魚のお造り

f:id:iyotabi:20150712200606j:plain

本日の旬魚の盛り合わせ

マグロ、サーモン、カンパチ?等。

山の中でも海が近いだけあって刺身美味し。

 

 

冬瓜のすり流し

f:id:iyotabi:20150712200849j:plain

冬なのに夏野菜。

海老も入ってます。

体調崩した時に出会いたい優しい味。

 

 

鮑の陶板焼き

f:id:iyotabi:20150712201434j:plain

肝醤油でいただく。

この鮑が肉厚で非常に美味しい。

肝醤油、肝の名から初めはおそるおそるでしたが、塩味が強くて鮑に合う。流石。

 

 

美熊野牛のステーキ

f:id:iyotabi:20150712201823j:plain

泡醤油、海洋深層水塩、橙ぽん酢をお好みで。

 

スタッフさんが、美熊野牛は元々松阪牛だったけど、産地名称の関係で別の名前になったと。

松阪牛のお味は分からないけど、とりあえずこのお肉は柔らかで美味しい。

あと、3つの味付けで、バリエーションが出てより楽しめます。

個人的には泡醤油かな。いやぽん酢もさっぱりで中々。

 

 

 鱧のフリットとカポナータ

f:id:iyotabi:20150712202325j:plain

夏野菜達が、口の中をさっぱりしてくれる。

だんだんお腹が苦しくなってきた。

 

 

 

熊野地鶏のビネガー煮込み

f:id:iyotabi:20150712202452j:plain

ビネガーで柔らかめ。

 

 

 

玉蜀黍の炊き込みご飯。

f:id:iyotabi:20150712202840j:plain

トウモロコシと炭水化物の組み合わせ好きです。

モロコシパンとか。

お米は伊賀米。

 

 

 

湯葉とオクラのお吸い物

f:id:iyotabi:20150712202941j:plain

食事の最後の椀物が美味しいと嬉しくなる。

 

 

 

ここで新たなドリンク

f:id:iyotabi:20150712203128j:plain

出すの遅くなりました、とお代無くしてくださいました。

3種の柑橘を飲み比べ。

私は「くまのそだち」が一番甘くていいな。

反対に同行者は「まごころ」が甘さ控えめで好みだと。

こうやってそれぞれの好みに合ったのが探せるの良いですね。

 

 

本日のデザート

f:id:iyotabi:20150712205652j:plain

ブラマンジェとチーズケーキ的な。

 

 

紅茶も出して下さって。

f:id:iyotabi:20150712205744j:plain

ちょっと渋め

 

 

かなり満足な夕食でした!

特に鮑、まさかこんなに良い鮑と出会えるなんて。

ごちそうさまです。 

 

出る時に、入り口にて

f:id:iyotabi:20150712210319j:plain

穀雨」というお酒

大吟醸大大古酒。最高級酒米を使用。

自身は日本酒はたしなめないですが、飲める人だと楽しめそう。