読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2016年冬長野旅行『山本小屋 ふる里館』お風呂編

続いてお風呂編。

Not温泉。高山ゆえの水不足からか、塩素の臭い強め。

夜と朝の写真が入り混じってます。

 

大浴場

f:id:iyotabi:20170114233249j:plain

脱衣所

  

f:id:iyotabi:20170115203648j:plain

f:id:iyotabi:20170115204030j:plain

南アルプス側に面しており、景色良し。

 

浴室隣のマッサージチェア

f:id:iyotabi:20170115203543j:plain

夜の写真で伝わらないですが、浴室と同じく、窓の向こうはパノラマ。

 

続いて、貸切風呂。 

『ふる里館』には、貸切風呂が2つあります。

貸切風呂は当日予約制、一度入ってまだ他の枠が空いていれば再度予約は可能。

ただ、湯船から景色は空ぐらいしか見えないし、温泉でもないので、

そんなに頑張って予約取らなくてもいいかもです。

 

まずは、「夕日の湯」

脱衣所

f:id:iyotabi:20170113210908j:plain

タオルは部屋から持ってきます。

 

シャワーブース

f:id:iyotabi:20170109124654j:plain

お湯が出なくて節水かと思ってたら、配水管凍ってたらしい。

 

浴室

f:id:iyotabi:20170113211120j:plain

灯りの雰囲気が素敵。

 

f:id:iyotabi:20170113212437j:plain

右手の窓は開けられます。

窓の外には、バルコニーがあって外に出られますが、冬季の気温では厳しい。

日の入り直後くらいの時間帯でしたが、冬山の曇り空ゆえか、夕焼けは見れませんでした。

 

翌日

「暁の湯」

f:id:iyotabi:20170113213131j:plain

 

f:id:iyotabi:20170113213434j:plain

同じく景色は空がメインです。

こっちはシャワーブース使えました。

 

貸切風呂は王ケ頭ホテルの方が景色を楽しめるかも。

ただ、現在の王ケ頭ホテルのシステムはわからないですが、数年前は「空いてたらご自由に」制度だったため、タイミングをはからないと入れなかったのが難点でした。