読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬千葉県安房温泉『ひるた』夕食編

『ひるた』さん夕食。部屋出しです。

f:id:iyotabi:20170312205700j:plain

 

前菜

f:id:iyotabi:20170312205539j:plain

マスカルポーネチーズ葛寄せ」

「サーモン小袖寿司」

「白子ポン酢ジュレ掛け」

「小松菜お浸し」

中央奥の椀内に「自家製青海苔入り蒟蒻」

 

チーズ葛寄せが文句無しに美味しい。

蒟蒻は苦手ですが、こちらのは臭みがなくて食べやすかったです。

 

主菜

f:id:iyotabi:20170313210745j:plain

f:id:iyotabi:20170313211342j:plain

「地魚姿造り」

メインの姿はアジ

海辺の宿に来てよかったーって思う瞬間。

 

同じく主菜

f:id:iyotabi:20170313211419j:plain

「活鮑踊り焼き」

かなりうにうにと動いている鮑。

その場でレモン汁をかけて蒸し焼きに。

 

 

f:id:iyotabi:20170313211547j:plain

鮑が好きではない同行者が、臭みがないと感動してました。

 

椀物

f:id:iyotabi:20170313212052j:plain

「滑子真丈と粟麩清汁仕立て」

刺身の箸休めにと。

刺身はどうしても冷えるので、温かいものが一緒にあるの助かります。

 

主菜

f:id:iyotabi:20170313212850j:plain

「活伊勢海老の造り」

さばかれてるのに動いてました、いやはや。

 

蒸物

f:id:iyotabi:20170313213126j:plain

「甘鯛と茄子の湯葉あんかけ」

甘鯛が揚げてあってちょっと重い。

 

 進肴

f:id:iyotabi:20170314212210j:plain

「豚肉しゃぶしゃぶ鍋いしる仕立て」

 

f:id:iyotabi:20170314212330j:plain

 

食事

f:id:iyotabi:20170314212813j:plain

「ちりめんじゃこ山椒煮茶漬け」

ほどよい食べきりサイズ。

宿の夕食終盤に出てくるご飯は重くて食べきれないことが多いですが、

これならさらっといただけます。

 

水菓子

f:id:iyotabi:20170314213004j:plain

「黒砂糖のムース」

「季節の果物 赤ワインクラッシュゼリー」

「りんごシャーベット」

うーん、ちょっともったりしてるかな。

 

海沿いの宿の料理に求めたいポイントをきっちり押さえてくださってます。

新鮮な素材を活かした内容で、旅行先ならではの味わい。

ごちそうさまでした!