iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬山形旅行『湯滝の宿 西屋』夕食編&朝食編

夕飯は食事処にて。

f:id:iyotabi:20170405203503j:plain

大部屋ですが、隣とはそこそこ離れているのでそんなには気にならず。

またしてもお品書きを忘れた為、料理名はほぼなしです。

 

f:id:iyotabi:20170405203629j:plain

 

f:id:iyotabi:20170405203701j:plain

マリネ。前菜は酸っぱいものが多かった印象。

 

f:id:iyotabi:20170405203728j:plain

 

f:id:iyotabi:20170405203805j:plain

郷土料理の冷汁

 

 

f:id:iyotabi:20170405203904j:plain

米沢牛

 

f:id:iyotabi:20170405204034j:plain

 

f:id:iyotabi:20170405204125j:plain

 

芋煮

f:id:iyotabi:20170405204230j:plain

小芋はお腹にたまります。反対にこれが無いと食事量足りないかも。

 

f:id:iyotabi:20170405204525j:plain

f:id:iyotabi:20170405204447j:plain

 

デザート

f:id:iyotabi:20170405204338j:plain

どっしりめのチョコケーキ

 

いわゆる山料理。

好みは分かれると思いますが、芋煮は安定して美味しかった。

ただ、宿の推しはすきやきやしゃぶしゃぶのプランみたいなので、

芋よりお肉派の人はそちらへ。

ごちそうさまでした!

 

続きまして朝食

f:id:iyotabi:20170405211212j:plain

夕食と同じ場所にて。

 

f:id:iyotabi:20170406205429j:plain

f:id:iyotabi:20170406205001j:plain

f:id:iyotabi:20170406204852j:plain

f:id:iyotabi:20170406204929j:plain

f:id:iyotabi:20170405211326j:plain

 

デザートとして

f:id:iyotabi:20170405212211j:plain

小瓶に入った善哉!

 

飲み物はセルフ。

f:id:iyotabi:20170405212400j:plain

f:id:iyotabi:20170406204806j:plain

 

チェックアウトの時に、ロビーにて

f:id:iyotabi:20170406205605j:plain

2匹の宿猫さん。

朝のみチェックアウトまでの1時間程出てきてくれます。

 

f:id:iyotabi:20170406210018j:plain

人慣れしていて、懐こく遊んでくれました。

 

 

f:id:iyotabi:20170405211123j:plain

 今回は「季節の和食膳プラン」、ベット付き和洋室で

休前日に1人16000円でした。

お風呂の独特の雰囲気は好きな人には堪らないと思います。

ただ、いかんせん寒いので、冬に行かれる際はその心積もりをば。

 

ありがとうございました!