iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬山形旅行 銀山温泉『能登屋旅館』お風呂編

さて、旅館に戻りまして、温泉で冷えた体を温めます。

能登屋旅館』さんには、露天風呂付き大浴場と洞窟風呂があります。

泉質は「含食塩硫化水素泉」

合わせて夏には展望露天風呂もあるらしいのですが、冬はお休みです。

 

まずは大浴場。

f:id:iyotabi:20170414220936j:plain

f:id:iyotabi:20170414221156j:plain

f:id:iyotabi:20170414221439j:plain

スキンケアアイテムは資生堂

 

内湯

f:id:iyotabi:20170414220328j:plain

 

シャンプーはマシェリ

f:id:iyotabi:20170414221248j:plain

 

 露天風呂

f:id:iyotabi:20170414220410j:plain

f:id:iyotabi:20170414220842j:plain

 

続いて、洞窟風呂。

空いてたら自由に使える無料貸切風呂です。 

f:id:iyotabi:20170415225553j:plain

 

 脱衣所

f:id:iyotabi:20170415225813j:plain

 

f:id:iyotabi:20170415230003j:plain

加水加温なしの源泉掛け流し。

たしか、大浴場もそうだったはず。 

 

脱衣所から浴室への扉を開けると、

f:id:iyotabi:20170415225644j:plain

階段、下った先に湯船があります。

湯気がこもって写真は撮れず。

 

この洞窟風呂が昔から元湯らしく、たしかに宿で一番濃いお湯だなーと思った記憶があります。

ただ、源泉温度が高く加水もしていない為、湯温が非常に熱い。。

大浴場も掛け流しだったと思うのですが、流入量の差なんでしょうか。

普通に入るのは到底無理な熱さでした。

自分でカランからホースで水を入れることは出来るので、

そのホースの近くでのみかろうじて入れました。 

 

ただ、後の夕食の時にスタッフさんにそれとなく聞いてみた所、

熱すぎて困った話はあんまり聞かないとのことでした。

入ったタイミングの問題で、もっと夜の時間帯だったら少し冷めて適温だったのかも。

ともかく入られる時は万が一の高温にご注意を。