iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬長野旅行白骨温泉『泡の湯旅館』お風呂編

『泡の湯旅館』さんは、なんといってもお風呂が有名です。

ただし、お風呂場は写真撮影禁止なので、基本は文章のみで紹介。

 

こちらのお風呂は、露天風呂付き大浴場と混浴の大露天風呂。

あと、貸切風呂もあるらしいですが、今回は利用してません。

お湯は掛け流しの「含硫黄-カルシウム・マグネシウム-炭酸水素塩温泉」

硫黄の香り、とろっとした肌触り、乳白色の見た目とまさにザ・温泉。

 

大浴場は檜造りで、湯治場の風情が抜群です。

大浴場の内湯には「ぬる湯」と「あつ湯」の2つの湯船。

「ぬる湯」は確かにぬるいです。

ただ、一番お湯がフレッシュでとろとろしてました。色は透明。

一方隣の「あつ湯」は、加温しており、冬だったので大人気でした。

ただし、お湯は流入量も少なく、停滞感がありました。

色も白が濃いです。外気にさらされていると徐々に白濁していくのでしょうか。

 

大浴場の露天風呂ですが、印象は6月のプール。

ぬるいを超えて冷えに近く、正直寒かったです。

 

なので、大露天風呂の方に行く時も色々覚悟してましたが、

こちらの方はまだましでした。

ちなみに混浴ですが、

湯浴み着あり・白濁で見えない・湯船が広いので間隔が空いてる・男女で入り口別、

だったので、そんなに気になりませんでした。

「大」と名がつくだけあって、事前に思ってたよりだいぶ広かった。

ただ、温かい場所がいくつかあったらしいのですが、そこはさすがに人が固まっていて近づけず。

少しでも温かい場所を必死に探すはめに。

 

ロビーから見える大露天風呂。 

f:id:iyotabi:20170501221041j:plain

ちょうど人がいなかったので。 

豪勢な雪見風呂です。

 

一番気に入ったのは大浴場の「ぬる湯」。

内湯なのでぬるくてもある程度耐えられるのと、湯質の良さが魅力。

寒かった印象が強いですが、その分茹らないので長居はできます。

まあ冷えが辛い方は冬は避けるべきかも。