iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬長野旅行白骨温泉『泡の湯旅館』夕食編

夕食は食事処にて

f:id:iyotabi:20170503180227j:plain

 

ちょっとした個室になってます。

f:id:iyotabi:20170502223117j:plain

 

「突出し」

f:id:iyotabi:20170502223350j:plain

「小松菜侵し しめじ ソフトサーモン」

「胡麻豆腐」

 

f:id:iyotabi:20170502224226j:plain

f:id:iyotabi:20170502224607j:plain

チーズフォンデュー」

ブロッコリー」「海老」「パン」

宿でチーズフォンデュは珍しい。

チーズがとろけて美味しい。

 

f:id:iyotabi:20170502224655j:plain

「豆乳蒸し」

 

造り

f:id:iyotabi:20170502224840j:plain

「尾長鯛、信州サーモン、間八」

山宿ですが、臭みの少ない刺身でした。 

 

煮物

f:id:iyotabi:20170502225012j:plain

「長芋の白煮 穴子九竜頭 粟麩」

 

焼物

f:id:iyotabi:20170503082254j:plain

「もち豚石焼」

黒毛和牛との2択。

どちらも肉の量が、思いの外ボリューミー。

 

揚物

f:id:iyotabi:20170503082418j:plain

「コーン揚げ」

 

 献立表に無い女将からの一品

f:id:iyotabi:20170503133329j:plain

花茶豆の煮物だったか。

写真では伝わらないかもですが、豆のサイズが大きい。

 

強肴

f:id:iyotabi:20170503201504j:plain

「岩肴塩焼き」

 

食事

f:id:iyotabi:20170503133518j:plain

「1人とうじそば 」

とうじそばは信州の郷土料理。

つゆにそばをさっと湯がいて食べます。

 

f:id:iyotabi:20170503180115j:plain

そばダメなので、うどんに代えて頂き。 感謝。

 

「水菓子」

f:id:iyotabi:20170503180153j:plain

 

部屋に戻ると夜食が。 

f:id:iyotabi:20170503180513j:plain

f:id:iyotabi:20170503180426j:plain

気遣いがうれしいのです。

 

1万円台の宿泊代、温泉がアピールポイントのお宿であることを考えると、

満足度高めだと思います。

宿の夕食として、チーズフォンデュ以外は目新しい料理ではないですが、

安定した美味しさがありました。

 

ごちそうさまでした!