iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬長野旅行扉温泉『明神館』夕食編

『明神館』さんの夕食は、

「ナチュレフレンチ 菜」のフレンチ、

「信州ダイニングTOBIRA」の和食、

から予約時に選びます。

今回は1泊目が和食だったこと、『明神館』さんの雑誌特集でよく取り上げられていることから、フレンチをチョイス。

ちなみにこちらのフレンチ、希望者には「マクロビ」コースもあります。

 

セッティング。

f:id:iyotabi:20170615190335j:plain

照明は少し暗め。

 

「ファーブルトン

f:id:iyotabi:20170615190454j:plain

ファーブルトンはフランスのお菓子。

ここでは蕎麦粉を使い、生ハムを乗せています。

 

自分はそばNGなので、代えて頂きました。

f:id:iyotabi:20170615191127j:plain

石の上にぽつねんと置かれたイチゴ。

もちろんイチゴそのままではなく、中にゼリーが入っています。

ただ、イチゴの味が強くて9割方イチゴでした。

 

「蟹のフラン」

f:id:iyotabi:20170615191333j:plain

マッシュルームを使ってます。

濃厚ですがくどくなく、すごく美味しかった。

 

「セビーチェ」

f:id:iyotabi:20170615191500j:plain

鮪。

 

目の前でバーニャカウダソースを。

f:id:iyotabi:20170615191616j:plain

f:id:iyotabi:20170615191717j:plain

ちょっとした演出が楽しい。 

 

「殻付き帆立て」

f:id:iyotabi:20170615191839j:plain

 

中に帆立ての貝柱

f:id:iyotabi:20170615191928j:plain

隣のスポイトでソースをかけて頂きます。

下にひいている海藻からか貝殻からか、磯臭かった。

 

「松本一本葱」

f:id:iyotabi:20170615192245j:plain

名前から一本の葱がポンと乗るかと思ったらそうでもなかったです。

クリーム系のソースとパイで安定の美味しさ。

 

「鱈のコンフュ」

f:id:iyotabi:20170615192511j:plain

黒いパリパリの下に鱈があります。

茶色はキノコのソース。

 

「大町豚頰肉」

f:id:iyotabi:20170615192746j:plain

豚はがっつり火が通ってます。焼豚の食感で若干ぱさぱさ。

白いのは白いんげん豆のムース。

 

デザートは「かぼちゃのティラミス」

f:id:iyotabi:20170615193011j:plain

独特な感じ。ちょっと苦味強め。

 

最後にプティフール

f:id:iyotabi:20170615193152j:plain

お腹いっぱいです。 

 

ハーブティーと共に。

f:id:iyotabi:20170618070921j:plain

食後の飲み物はいくつかの種類から選べたはず。

 

皿の上の自然な美しさにこだわった料理が多かったです。

帆立てとか肉料理とか些かうーんなのもありましたが、スープやソースはフレンチらしい美味しさでした。

特に、キノコを使った料理は、キノコの臭みを感じさせない仕上がりに感動。

ただ、せっかく「マクロビ」系に強いシェフの方だったら、

通常メニューでも、もっと野菜がメインに出てきてもいいな、とは思う。

 

部屋に帰ると夜食が。

f:id:iyotabi:20170618071051j:plain

 

味噌の乗ったおにぎり。

f:id:iyotabi:20170618071125j:plain

夕食はフレンチでも、夜食はやっぱりおにぎりが嬉しい。

 

ごちそうさまでした!