iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年冬長野旅行扉温泉『明神館』お風呂編

『明神館』さんのお風呂は、

大浴場の「白龍」

立ち湯の「雪月花」

寝湯の「空山」

の3つがあります。

 

広告等で使われて一番有名なのが、立ち湯「雪月花」。

f:id:iyotabi:20170619104729j:plain

広く開けられた窓が特徴。絵になる光景です。

深さは二段階、窓に近い側がより深くなってます。

景色は綺麗なんですが、湯温が高いので長居は難しいかも。

 

f:id:iyotabi:20170619105220j:plain

 

シャワーエリアあり。

f:id:iyotabi:20170619104929j:plain

ただ、開け放たれている分寒いです。

 

大浴場と寝湯は他の宿泊客がいたので写真無し。

大浴場は内湯と露天風呂があり、

露天風呂は周囲が夜間ほのかにライトアップされきれいでした。

個人的には、こちらのお宿のお風呂で、この露天風呂が一番居心地良かった。 

 

寝湯は5人ぐらいが入れる小さめの浴室。

枕木に頭を乗せて寝っ転がれるようになってます。

立ち湯同様浴室の前面は開け放たれており、風を感じ景色をぼんやり眺める贅沢。

ただ、脱衣所と浴室が直結しているので、上がった後がすごく寒いんです。 

 

全体的にお湯は熱めでした。

前日の温泉宿がぬる湯だったので、特にそう感じるのかもですが。

寝湯は外気との温度差も相まって、上がった直後は息苦しさを感じるほど。