iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年夏 熱海旅行『ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド』夕食編

期待の夕食!

夕食は、普通よりリーズナブルな「一周年記念プラン」なので、

通常メニューから質・量違うと思います。

他所の席の様子を見るに、メインの料理が違うのかなと。

ただ、十二分にお腹いっぱいになりました。大満足。

 

場所はレストラン「風雅」にて。

f:id:iyotabi:20171009104825j:plain

 

窓際の席だったので、

f:id:iyotabi:20171009104911j:plain

夕暮れ時の空模様と共に。

 

 

今回のメニューはこちら 

f:id:iyotabi:20171009111513j:plain

料理タイトルだけ。想像で楽しんでほしい、とのこと。

メニューとお皿の模様が連続している素敵な趣向です。

食後レストランを出る時に、詳しいメニューが書かれた紙ももらえました。

 

「熱海から一口の贈り物」

f:id:iyotabi:20171009111842j:plain

球状のお椀。伊豆周辺を模していて、熱海もあります。 

 

f:id:iyotabi:20171009124417j:plain

 

「夕暮れと共に」

f:id:iyotabi:20171009124543j:plain

「パリソワール 三島馬鈴薯の冷たいスープと旨味ジュレ 」

パリソワールは、パリの夕暮れという意味で、

フランス料理ではじゃがいもの冷たいスープのこと。

まさに夕暮れ時のスープ。

 

 

「夏富士」

f:id:iyotabi:20171009124644j:plain

相模湾穴子の白焼き 下田クレソンのヴィネグレット」

 

 

f:id:iyotabi:20171009124741j:plain

2種のパン。柔らかくて美味しい。

 

「涼味」

f:id:iyotabi:20171009124847j:plain

「伊豆活魚 山葵マッシュ・夏大根」

 

「海の菜園」

f:id:iyotabi:20171009125005j:plain

「相模・駿河白身魚 潮煮」

 

f:id:iyotabi:20171009125052j:plain

この、岩海苔?ソースをお好みでかけて。

 

パンの追加

f:id:iyotabi:20171009125132j:plain

お好きなものをどうぞと。

このお宿パンが本当に美味しくて。

お腹いっぱいで全然食べれなかったのが残念です。

 

「夏の潮」

f:id:iyotabi:20171009130257j:plain

「伊勢海老と鮑 備長炭焼き」

海老も鮑も火の加減がちょうど良くて、美味しさがキープされてます!

鮑の下にはチーズリゾット。これが胃に重かった。。

他に子羊背肉や黒毛和牛フィレの備長炭焼きも選べました。

 

さて、最後のデザートですが、飲み物はコーヒー、紅茶、緑茶から。

紅茶はいくつかの種類からお好みで。

f:id:iyotabi:20171009131200j:plain

f:id:iyotabi:20171009131338j:plain

 

「歌姫に捧げたデザート」

f:id:iyotabi:20171009131302j:plain

「ピーチメルバ 三島天然蜂蜜のアイスクリーム」

ピーチメルバは歌手の名前が由来らしい。

 

 「幸せの玉手箱」

f:id:iyotabi:20171009131450j:plain

小菓子たち。

お腹いっぱいで食べきれず。

スタッフさんにお願いしたら、部屋への持ち帰りOKもらえました。

 

 

安定した味でどれも美味しく頂けました。何より、料理の魅せ方が上手。

スタッフさんもそつがなくて、場の雰囲気を楽しみながらの食事でした。

 

ごちそうさまです!