iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋 千葉旅行『網元の宿ろくや』夕食編

こちらのお宿の醍醐味、食事!

f:id:iyotabi:20171125211620j:plain

食事処「網元居酒屋 手漉き舟」にて。

居酒屋の名の通り、落ち着いた、というよりは、元気の良いスタッフさんが多かったです。

へいらっしゃい!みたいな。

 

f:id:iyotabi:20171125212007j:plain

半個室。

 

先付け

f:id:iyotabi:20171125212306j:plain

手前が「蓮根摺り流し」中に鶏団子が入ってます。

奥が「鱧ざく」

 

主菜

f:id:iyotabi:20171125212546j:plain

「地魚大漁舟盛り」

金目鯛、平政、真鯛、縞鯵、眼鯛、鯔(いなだ)、魳(かます)、

鰆、目仁鮪(めじまぐろ)、鯵、栄螺、生しらす、伊勢海老

と、まさに大漁。

色んな魚を少しづつ味わえる舟盛りの魅力が存分に生かされてます。

太平洋の魚&下に氷がないからか少し身が緩め。

 

八寸

f:id:iyotabi:20171125213943j:plain

左上に「地野菜スティック」

「栄螺諸味噌焼き」

「鰻とびしゃ玉の御飯」

「鯖香煎揚げ」

右手前が「無花果、トマト、苦瓜の合混ぜ マスカルポーネ

野菜スティックが、青臭みが少なくて美味しかったです。

そして安定のマスカルポーネ

 

台の物

f:id:iyotabi:20171125221857j:plain

「鮑踊り焼き」

 

油物

f:id:iyotabi:20171125222021j:plain

「海老真蒸揚げ出汁」

 

鉢肴「鮪の兜焼き」

見た目として苦手な方がいるかと思うので、写真小さめ。

クリックの際にはお気をつけを。

f:id:iyotabi:20171125222247j:plain 

出てきた時のインパクトがすごい。

身の味自体は悪く無いのですが、量が多く且つ味付けが薄いので、

途中で飽きるかも。

こちらはチョイスで、季節の煮魚も選べます。

 

煮物替り

f:id:iyotabi:20171125222655j:plain

f:id:iyotabi:20171125222830j:plain

「丸六石焼鍋」

焼き石を入れて、熱々に。

目の前でのパフォーマンスにテンション上がります。

海鮮物が多く入っていて出汁もばっちり。

 

御飯

f:id:iyotabi:20171126191633j:plain

「とろろ御飯」

たくさん食べた胃腸にも優しいとろろ。

 

デザート

f:id:iyotabi:20171126192141j:plain

2種類から選べました。

こちらは、ずんだあんみつ。

以前ずんだ餅を食べた時にあまり好みではなかったので、

恐る恐るでしたが、ずんだとアイスの甘みが程よくてすごく美味しかったです。

最後に出てくるデザートのクオリティが高いと、全体の満足度が上がります。

 

同行者が選んだもの。

f:id:iyotabi:20171126192254j:plain

なんだったかな、、、

 

値段帯で考えると、かなりクオリティが高いです。

てきとうな料理が無いというか、料理のどれもにきちんと手をかけていて、

最後まで幸せな気持ちが続きます。

確かにこれは人気が出るよ。

 

ごちそうさまでした!