iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』お部屋編

注意シリーズも終わり!

さっそく北海道旅行1日目のお宿です。

 

宿に行く前に、釧路の町でラーメン食べたり、阿寒湖観光したのですが、

諸事情で写真も無かったので省きます。

とりあえず、阿寒湖のアジア系の団体観光客率の高さに驚きました。

 

お世話になったのは、『カムイの湯 ラビスタ阿寒川

かの有名な共立リゾートグループの1つです。

 

使用したプランは、じゃらん経由で、

「【直前割】急なご旅行でも大丈夫☆残りわずか早い者勝ち♪1泊2食付」

川側 ツインAで、平日1人20,300円(税込)です。

直前割とは書かれてますが、公式サイトだと、スタンダードな金額です。

今見たらもっと安いプランもありましたが、紅葉シーズンなので高かったのかも。

 

長方形のお部屋に、

f:id:iyotabi:20180412225339j:plain

窓際のベンチスペース

その横のリビングスペース

 

デスクとクローゼットを挟み、

f:id:iyotabi:20180412225251j:plain 

 

ベッドスペースがあります。

f:id:iyotabi:20180412222510j:plain

 

ベンチ側から見ると、こんな感じ。

f:id:iyotabi:20180412222419j:plain

 

f:id:iyotabi:20180412231855j:plain

f:id:iyotabi:20180412225203j:plain

 

お菓子として、花畑牧場のポップコーン2種。

f:id:iyotabi:20180412225936j:plain

 

クローゼットには、館内着が用意されてます。

f:id:iyotabi:20180412230215j:plain

アイヌをイメージした色合いで、上下別れてます。

 

羽織も用意してありました。

f:id:iyotabi:20180412230319j:plain

大浴場や貸切風呂に向かう為の籠も。 

 

洗面所

f:id:iyotabi:20180412225616j:plain

脱衣所も兼ねてます。

コンパクトすぎて、脱いだ服の置き場がなくてちょっと困りました。

 

基本的なアメニティは揃ってます。

f:id:iyotabi:20180412230055j:plain

ただ、スキンケア用品は写真が無くて、

部屋には無かったのか、撮り忘れか、、記憶がないです。。

 

 部屋のお風呂

f:id:iyotabi:20180412225824j:plain

源泉掛け流し。湯船も綺麗で気持ちいい。

部屋についた時は空ですが、スイッチで簡単に溜まります。

このお風呂が気持ちよかったので、大浴場や貸切風呂には行けず。

 

ヘアケア用品は、クラシエのZIRA。

f:id:iyotabi:20180412225717j:plain

 

大きく取られた窓とベンチ

f:id:iyotabi:20180412231756j:plain

写真が暗くて分かりづらいですが、

 

翌朝だと、こんな感じ。

f:id:iyotabi:20180412225517j:plain

紅葉の時期だったので、絵みたいな風景。

朝に鹿とかいないかなーと探してましたが、野生動物は発見できず。。

 

『ラビスタ阿寒川』さんは、川側と駐車場側で、値段にそこまで差がないので、

絶対に川側確約がおすすめです!

部屋付きのお風呂とベンチからの眺めが、自分にとっては『ラビスタ阿寒川』さんの最大のポイントでした。