iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』朝食編

最後に朝食!

夕食と同じ食事処にて。

f:id:iyotabi:20180416144623j:plain

食事処は場所によって、阿寒川を見ることができるらしいですが、

あいにく夕食・朝食共に奥で見えず、、でした。

 

 

朝食は、洋食・和食から選べます。

たしか、前日の夕食時に聞かれたはず。

私は洋食、同行者は和食でお願いしました。

 

まずは、洋食から。

f:id:iyotabi:20180416145512j:plain

f:id:iyotabi:20180416144746j:plain

手前のプレート

左から、

「蟹とアボカドのチーズ和え」「ラタトューイユ」

「鰈のブランダード」「サーモンマリネ」

ブランダードは、たらをペースト状にした、フランス料理みたいですね。

 

中央右が、「北見産 玉葱スープ」

簡易なオニオングラタンスープ。

 

奥左が、「ヨーグルト」

のし梅のせ。のし梅は山形のお菓子で、梅を寒天に練りこんだものだとか。

 

奥右が、名物「ラーメンサラダ」

胡麻ドレッシングがかかってます。

味として、不味い訳はないのですが、なぜ宿の名物なのかちょっと不思議。

 

卵料理

f:id:iyotabi:20180416151016j:plain

「スパニッシュオムレツ」「ベーコン」

「ウインナー」「ザワークラフト」

 

煮込み

f:id:iyotabi:20180416145126j:plain

ビーフシチュー」

朝から重い!けど美味しい。

 

主食はパンかグラノーラから選べます。

f:id:iyotabi:20180416144827j:plain

パンは余ったら持ち帰れるようにと、ビニール袋も頂きました。

 

続いて、和食。

f:id:iyotabi:20180416145418j:plain

f:id:iyotabi:20180416144923j:plain

手前が北の三種

「道産大豆の含め煮」「灯台つぶ酢味噌和え」「たらこ」

 

中央の蓋被っているのが、「肉じゃが」

隣の小鉢が、「切り干し大根」と「めかぶ」

 

奥の真ん中が、

「柳葉魚(ししゃも)」「油鰈味醂漬け」

「卵焼き」「山海漬け」「焼板かまぼこ」

 

名物の「ラーメンサラダ」、「ヨーグルト」は、和洋どちらにもあります。

 

選べるご飯の友

f:id:iyotabi:20180416145028j:plain

これは、「黒豆納豆」

他に、焼き海苔、温泉卵、鰊の切込みの選択肢があります。

 

味噌汁

f:id:iyotabi:20180416145202j:plain

1人分ですが、たぷたぷとした鍋で登場します。

 

食事は白米でお願いしたのですが、

f:id:iyotabi:20180416145303j:plain

茶粥も少し持ってきて下さいました。

お米は北海道の「ゆめぴりか」です。

 

飲み物はセルフ。

f:id:iyotabi:20180416144659j:plain

牛乳、ジュース、コーヒー、お茶、水。

 

使用したプランは、じゃらん経由で、

「【直前割】急なご旅行でも大丈夫☆残りわずか早い者勝ち♪1泊2食付」

川側 ツインAで、平日1人20,300円(税込)でした。

 

2015年にオープンした新しいお宿であり、施設も非常に綺麗です。

何より、部屋に掛け流しのお風呂があること、そこから眺める景色は、それだけでこの宿に泊まった価値がありました。

ただ、平日ぎりぎり2万円台なので、欲を言えば、食事がもう少し技巧的と言うか、繊細なものや手間暇かかっているものがあれば、満足度が違ったと思います。

f:id:iyotabi:20180416153142j:plain

 

ありがごうございました!