iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行 登別温泉 『望楼NOGUCHI登別』夕食編 

書けるうちに書いておこう。

『望楼NOGUCHI登別』夕食編。

 

 個室食事処JIBIEで頂きました。

f:id:iyotabi:20190703022249j:plain

食事時間はチェックインの時に選べるのですが、

団体さんがいるからと、かなり遅い時間帯一択でした。

 

ピンボケ写真で失礼。

f:id:iyotabi:20190630233336j:plain

膝掛けあるものの、ちょっと寒かった。

 

先付

f:id:iyotabi:20190630233913j:plain

「北海道産舞茸のクリーム寄せ」

 

前菜

f:id:iyotabi:20190630234438j:plain

「大滝産しめじと栗の白和え」

「北海道産秋刀魚の幽庵焼き」

「早来産生ハムと茄子の白ワイン漬け」 

「伊達産フルーツホウズキ」

「函館産蕪と増毛産甘エビの南米風マリネ」

「焼き林檎のスモークサーモン巻き」

 

f:id:iyotabi:20190630234627j:plain

「北海道産イクラと菊のお浸し」 

 

煮物椀

f:id:iyotabi:20190702165117j:plain

「北海道産野菜と鶏つみれの沢煮椀」

 

f:id:iyotabi:20190702165326j:plain

f:id:iyotabi:20190702165405j:plain

目の前で出汁を入れてもらえます。

熱々でどうぞの意味なのか。

 

造里

「海峡産鮪」

噴火湾産ブリ」

噴火湾産松皮鰈」

「苫小牧産帆立」

紋別産ボタン海老」

写真見当たらず。

 

料理長からの一品

f:id:iyotabi:20190702170539j:plain

「じゃがバター」

同行者は今までで一番美味しいじゃがバターと感激。

美味しいんですが、じゃがいもががっつり入っていて、お味もこってりなので

お腹に重い。

会席料理には向いてないかも。

 

中皿

f:id:iyotabi:20190702170809j:plain

「白老産ドナルドサーモン、北海道産アイナメ、厚岸産あさりの蒸し物」

 

強肴 

f:id:iyotabi:20190702170910j:plain

「登別牛ヒレ肉のポワレと十勝産長芋の和風グラチネ」

 

酢の物

f:id:iyotabi:20190703020210j:plain

鵡川産ししゃもと函館産もずくのマリネ」

 

食事

f:id:iyotabi:20190703020252j:plain

土鍋ご飯。 

 

f:id:iyotabi:20190703020938j:plain

「北海道産ブランド米ゆめぴりか 釜炊き」

「網走産蜆 赤出汁」

「自家製胡瓜の焼酎漬け」

「函館産赤カブの千枚漬け」

「大滝産長芋アロニア漬け」

「藤崎山葵園産山葵昆布」

「大滝産きのこのたまり漬け」

 

デザート

f:id:iyotabi:20190703021102j:plain

「かぼちゃパイ」

余市産ワインアイス」

「カスタードとメレンゲのクリーム」

「木苺のイタリアンケーキ」

アメリカンな感じのラインナップ。

食後のデザート盛り合わせとしてはちょっと重い。

 

○○産って産地がちゃんと書いてあるとありがたみが増します。

凝った料理ではなく、素材を生かしてという感じでした。

時間が経ちすぎて、じゃがバタ以外の個々の料理の記憶は曖昧ですが、

大きな不満もなく値段相応の印象でした。