iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2015年夏有馬旅行 『四季の彩 旅篭』夕食前編

有馬旅行の続き。

泊まりの宿は違うのですが、夕食は

『四季の彩 旅篭』さんにて、日帰りプランで頂きました。

 

入り口

f:id:iyotabi:20150905172521j:plain

上で写真が出ている「大田忠道」さんが料理人として有名な方らしく、

Web上で料理の評価が非常に高かったのです。楽しみだー!

 

フロント

f:id:iyotabi:20150905172933j:plain

右手の食事処入り口には、館主「大田忠道」さんの大きなパネルが。

 

お土産コーナーも。

f:id:iyotabi:20150905173047j:plain

 

 

通して頂いた席

f:id:iyotabi:20150905173217j:plain

 

f:id:iyotabi:20150905173401j:plain

 

飲み物リスト

f:id:iyotabi:20150905175019j:plain

地元のお酒はあまり置いていないようでした。全体的にドリンクの種類少なめかも?

同行者は地ビールないの残念と。

せっかく料理おいしいお宿なので、飲み物が充実したらもっとうれしいです!

 

勝手な要望はさておいて、

料理の紹介。

 

前菜

f:id:iyotabi:20150905173850j:plain

 

右側から

f:id:iyotabi:20150905173948j:plain

 

続いて左側

f:id:iyotabi:20150905174302j:plain

口に合わないものはなく、続く料理への期待が。 

 

 

 この段階で、最後の釜飯に入れる具材を選びます。

f:id:iyotabi:20150905174715j:plain

なんといくつ選んでもOK。つい欲張ってしまう。

 

 

煮物椀「鱧すき」

f:id:iyotabi:20150905175236j:plain

鱧を

 

f:id:iyotabi:20150905175318j:plain

出汁にさっと通して頂きます。

この出汁がほんと美味しくて。

 

 

お造里「盛り合わせ」

f:id:iyotabi:20150905175649j:plain

二人分が盛られています。

氷が敷き詰められていて、最後までぬるくならず頂けるのありがたい。

 

お刺身と一緒に来たのはなんと生野菜

f:id:iyotabi:20150905175722j:plain

大根のツマって食べきれないことが多いので、

この組み合わせわるくなかったです。

 

夕食後編へつづく。