iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行『カムイの湯 ラビスタ阿寒川』夕食編

夕食は「レストラン ワッカピリカ」にて。

 

時間は2部制で、17時半と20時のどちらかでした。

さすがに20時は待てない、、ので17時半でお願いしました。

ただ、遅い時間帯の人向けに、「お凌ぎ」として、18時から18時30分

まで、ちょっとした軽食を用意してたみたいです。

公式サイトを見ると、ふかし芋やとうもろこしの写真がありました。

 

 

f:id:iyotabi:20180414002406j:plain

次の日の朝食時の写真ですが。

個室ではありませんが、隣との間に仕切りがあります。

 

到着時のセッティング。

f:id:iyotabi:20180413184120j:plain

スタンダード料理。

料理プランは1つだけだったと思います。

 

前菜

f:id:iyotabi:20180413184258j:plain

手前のお皿、左から。

「零余子松葉串

焼秋刀魚棒寿司

北海道縞海老艶煮

蝦夷梅貝旨煮

合鴨ワイン煮」 

奥左側。

「ぼりぼり茸の菊花みぞれ和え」

ぼりぼり茸はナラタケの北海道名らしい。

奥右側。

「鮃(ひらめ)麹漬けといくら」

 

秋の味覚や北海道らしい食材が嬉しい。

 

先椀

f:id:iyotabi:20180413235356j:plain

「女神貝」

多分、ビノスガイ、のことかな?

汁の味が薄かったです。

 

造里

f:id:iyotabi:20180414000138j:plain

蝦夷鮑姿盛り

青ぞいへぎ造り

王蝶重ね造り

牡丹海老」

 

台の物

f:id:iyotabi:20180413235952j:plain

「コタン鍋 ブイヤベース仕立て」

 ほっけ、めぬけ、鮟鱇、帆立、ムール貝、津和井蟹(ズワイガニ)、丘ひじき

芋餅、うどん、柔白葱、白菜、山茶茸(ブラウンえのき)、たもぎ茸、と具沢山。

 

f:id:iyotabi:20180414000047j:plain

f:id:iyotabi:20180415145004j:plain

チーズソースで頂きます。

独特の味。

 

洋皿

f:id:iyotabi:20180414000828j:plain

「ラムチョップロースト」

南瓜 ノーザンルビー(赤いじゃが芋)

ピュアホワイト(白いとうもろこし)

ラムチョップは、しっかり火を通していて、がっつりめのジャンキーな味付け。

 

止肴

f:id:iyotabi:20180414001331j:plain

「鱈場蟹と豆乳麺 美味出汁」

 

これは、3つからの選択で、他に

「阿寒湖産姫鱒葱味噌焼き」

「雲丹茶碗蒸し」

が選べました。

同行者の雲丹茶碗蒸しが美味しかったです。

 

食事

f:id:iyotabi:20180414001623j:plain

「北寄貝のライスカレー

レトルトっぽかった。

自家製だったらごめんなさい。。

 

これも選択制で、もう一つが

「鮭と占地茸飯、なめこの味噌汁付き」でした。

 

 

レモンティー付き。

f:id:iyotabi:20180414001734j:plain

 

デザート

f:id:iyotabi:20180414001850j:plain

「もろこしムース」

「十勝産煮小豆 貝最中」

 

北海道色の強いものを含め、色んな食材が出てきたのは、家では味わえない楽しさでした。ただ、全体として、ちょっと大味な印象です。

家族層をターゲットにしていて、幅広い年齢層が好きな味、を目指した結果なのかもしれません。