iyotabi’s diary

備忘録ブログ。記事・写真の無断転用・転載禁止です。念のため。

2017年秋北海道旅行 支笏湖温泉『休暇村支笏湖』お部屋&お風呂編

帯広から、電車・バスを経て、

3泊目は支笏湖温泉『休暇村支笏湖』へ!

お宿続きなので、お値段抑え目の所で財布と胃腸を休めます。

 

お値段以外に、休暇村を選んだ理由として、

昔、日光湯元の休暇村に行ったことがあるのですが、ご飯がすごく美味しくて、休暇村って悪くないかも!と。

なので、今回宿を選ぶ時に、安くても良い宿の期待を込めて休暇村へ。

 

今回のプランは、

「スタンダードみずうみプラン」、洋室ツインルームで祝前日泊、2名1室、

1人11,300円でした。

事前に電話で質問した際、スタッフの方の丁寧な対応で宿への期待も高まります。

とはいえ、前後の宿との値段帯はかなり違うので、ハードルは低めに。

 

泊まった部屋は、洋室ツインルーム

f:id:iyotabi:20180824142224j:plain

他の部屋プランとして、和洋室や和室もあります。

 

昔懐かしの地方ビジネスホテルの雰囲気。

f:id:iyotabi:20180824142258j:plain

 

クローゼット

f:id:iyotabi:20180824142732j:plain

浴衣、バスタオルなど。

 

お茶菓子はバタークッキー。

f:id:iyotabi:20180824142328j:plain

 

洗面所

f:id:iyotabi:20180824142534j:plain

写真左側のドアが玄関、正面がトイレ。

 

懐かしのアメニティ!

f:id:iyotabi:20180824142657j:plain

手洗い・洗顔兼用のソープもあり。

 

歯磨きとフェイスタオル。

f:id:iyotabi:20180824142506j:plain

 

お部屋で困ったこととして、スーツケースを置く台がない。

土足のお部屋なので、地べたに置くのも少し抵抗が。。

なので、スーツケースで気になる方は和室か、自分で台をご持参を!

 

お風呂は大浴場があります。内湯が一つ。

時間帯にもよりますが、夕方行くと少し混雑してました。

年配の方が多いからか、浴室からはおばあちゃんの臭いが。

掛け流しではないですが、独特のとろみのある泉質です。